極上の深蒸し茶 伝統と文化が薫る味わい

お電話でのご注文はこちらから TEL:0120-455588(よいいいはっぱ) IP電話・携帯電話からはこちらへ TEL:0550-82-0468(代) FAX用の注文用紙はこちら
  • 小野園の歴史
  • 深むし茶へのこだわり
  • お茶の種類
  • お茶のおいしい入れ方
  • オンラインショップ
  • よくあるご質問
  • お客様の声
  • お問い合せ・カタログ請求
  • カートを見る
  • ログイン
商品案内ギフト商品お祝いギフトご法要ギフトご家庭用商品茶器商品一覧送料・お買い物方法
お問い合せ・カタログ請求はこちらから
コラム ちょっと一服話 【試飲セット】
まずはお試しください。深むし茶や高地煎茶を、お手頃価格でお試しいただけるセットです。小野園自慢の品が何種類も楽しめます。ご注文はこちらから お祝いギフト 慶事にふさわしい、華やかで縁起の良いギフトセット ご法要ギフト ご法要にふさわしい、おごそかで静謐なギフトセット 【ファックス注文用PDF】プリントアウトしてご利用ください。FAX:0550-82-5188
HOME >> コラム ちょっと一服話 >> おいしいお茶は「アミ」が決め手!?
コラム ちょっと一服話 お茶にまつわるあんな話・こんな話を集めました

おいしいお茶は「アミ」が決め手!?

急須でお茶を淹れる時、網は使っていらっしゃいますか?
カゴ状になっている「カゴアミ」は、お茶を淹れ終わったら急須から外し、ひっくり返してポンポンと叩くだけで、茶葉が出せるので便利ですね。掃除もしやすいのが利点です。
でも実は、かご網で淹れたお茶は、うまみや香りが十分に出せないのです。

茶葉は、お湯を注ぐことでほぐれ、開き、うまみと香りを放出していきます。
たっぷりのお湯の中で自由に泳がせれば、それだけエキスもたっぷり出ます。
しかし、かご網を使うと、茶葉はカゴという狭い部屋の中に閉じ込められたままになるので、完全には開ききらず、存分にエキスを出せません。
また、カゴの高さが足りないと、お湯が少量の場合、茶葉は完全にお湯に浸ることができず、お湯をくぐらせただけということになってしまいます。
逆に高すぎると、蓋がきちんとしまらなくて蒸らせません。
かご網を使う場合は、本体によく合うサイズのものを探すことが大切です。

でも一番のおすすめは、内側に帯状の網がつけられた急須など、網と本体が一体になった急須を使うことです。 急須の丸くて広い胴体いっぱいに茶葉が泳ぎ、ぴったり蓋をしめることでよく蒸らすことができ、お茶本来のうまみと香りが存分に楽しめます。
茶渋や汚れが気になる場合は、夜、寝る前に洗い桶などに水を張って急須を沈め、朝、はがれた茶葉を取り除き、歯ブラシや、使い込んだ茶筅(ちゃせん)などでこすってください。

小野園では、極細メッシュの網を帯状にめぐらせた、深むし茶専用の急須「柏陽」と「雲仙」をご用意しております。
専用急須で、深むし茶の持つ繊細な味わいをお楽しみください。

コラム「ちょっと一服話」の先頭へもどる
このページの上部へ
Copyright(c) Onoen All Rights Reserved.