極上の深蒸し茶 伝統と文化が薫る味わい

お電話でのご注文はこちらから TEL:0120-455588(よいいいはっぱ) IP電話・携帯電話からはこちらへ TEL:0550-82-0468(代) FAX用の注文用紙はこちら
  • 小野園の歴史
  • 深むし茶へのこだわり
  • お茶の種類
  • お茶のおいしい入れ方
  • オンラインショップ
  • よくあるご質問
  • お客様の声
  • お問い合せ・カタログ請求
  • カートを見る
  • ログイン
商品案内ギフト商品お祝いギフトご法要ギフトご家庭用商品茶器商品一覧送料・お買い物方法
お問い合せ・カタログ請求はこちらから
コラム ちょっと一服話 【試飲セット】
まずはお試しください。深むし茶や高地煎茶を、お手頃価格でお試しいただけるセットです。小野園自慢の品が何種類も楽しめます。ご注文はこちらから お祝いギフト 慶事にふさわしい、華やかで縁起の良いギフトセット ご法要ギフト ご法要にふさわしい、おごそかで静謐なギフトセット 【ファックス注文用PDF】プリントアウトしてご利用ください。FAX:0550-82-5188
HOME >> コラム ちょっと一服話 >> 緑茶の缶は丸くて、紅茶の缶は四角
コラム ちょっと一服話 お茶にまつわるあんな話・こんな話を集めました

緑茶の缶は丸くて、紅茶の缶は四角

日本茶の茶缶(茶筒)は円筒形ですね。
一方、紅茶は四角い缶に入っています。
なぜでしょう?

茶葉は、水分量6%前後の乾物ですので、湿度・温度・光・酸素・においに弱いものです。
寒いところから急に暖かいところに出して結露してしまったり、保管容器に湿気が入ってしまったりすると、水分量が増えて、味・色・香りが損なわれます。
また、光が当たると、きれいな色やうまみのもとである葉緑素が分解されてしまいます。

このような理由から、茶葉の保管には、密閉性と遮光性にすぐれているものが使われます。
四角い容器だと四隅に茶葉が固まって、内容物の流動性が低くなることがありますが、円筒形なら常にすべての茶葉がサラサラと動くので、湿気や空気が溜まる場所がありません。
また、光が当たらないよう、古くは木製、今はスチール製が広く使われています。
茶缶の形態は、古くから受け継がれた先人の知恵なのですね。

一方、紅茶は四角い缶に丸いフタがしてあります。
これは輸送のためだそうです。
インドやジャワなど、東洋の名産地からイギリスなどヨーロッパまで運ぶ際、効率よく船に積むために四角い容器が使われたのが始めです。
さらにフタを丸くすることで、衝撃や圧力に強くなるとか。
四角い缶に丸いフタだと、開けた際に空気に触れる面積も少なくなりますね。

小野園では、100g用・200g用の茶缶をご用意しています。

もちろん遮光性と密閉性にすぐれたスチール製で、色は、お茶の色を思わせる「緑」が一番人気です。
冠雪の富士山頂がくっきり浮かび上がる「青」、雪に覆われた真冬の富士山が幻想的な「白」もおすすめです。
お気に入りの茶葉を購入したら、茶缶を使用し、高温多湿を避け、食器棚など冷暗所に保管して、お茶のおいしさをぜひ長く味わってくださいね。

お茶の保存方法についてはこちらもご覧下さい。
■小野園コラム ちょっと一服話「お茶の保存方法」

コラム「ちょっと一服話」の先頭へもどる
このページの上部へ
Copyright(c) Onoen All Rights Reserved.