極上の深蒸し茶 伝統と文化が薫る味わい

お電話でのご注文はこちらから TEL:0120-455588(よいいいはっぱ) IP電話・携帯電話からはこちらへ TEL:0550-82-0468(代) FAX用の注文用紙はこちら
  • 小野園の歴史
  • 深むし茶へのこだわり
  • お茶の種類
  • お茶のおいしい入れ方
  • オンラインショップ
  • よくあるご質問
  • お客様の声
  • お問い合せ・カタログ請求
  • カートを見る
  • ログイン
商品案内ギフト商品お祝いギフトご法要ギフトご家庭用商品茶器商品一覧送料・お買い物方法
お問い合せ・カタログ請求はこちらから
コラム ちょっと一服話 【試飲セット】
まずはお試しください。深むし茶や高地煎茶を、お手頃価格でお試しいただけるセットです。小野園自慢の品が何種類も楽しめます。ご注文はこちらから お祝いギフト 慶事にふさわしい、華やかで縁起の良いギフトセット ご法要ギフト ご法要にふさわしい、おごそかで静謐なギフトセット 【ファックス注文用PDF】プリントアウトしてご利用ください。FAX:0550-82-5188
コラム ちょっと一服話 お茶にまつわるあんな話・こんな話を集めました

お茶の花

「お茶の花」と言っても、茶席に飾る花「茶花(ちゃばな)」のことではありません。
正真正銘、お茶の樹に咲く花のお話です。

そうです、お茶の樹にも花が咲くんです。
「お茶の樹」と言えば青々とした茶畑が目に浮かび、花が咲いている光景はちょっと想像がつかないかもしれません。
でも、お茶はツバキ科の植物で、白ツバキにそっくりな花をつけるんです。
大きさは直径3から5cmぐらい。一般的なツバキよりはやや小ぶりですね。

そして、満開になると「しべ」(めしべ、おしべ)が冠のようにひらきます。
小さめで白い花びらの真ん中に、黄色いしべが広がっていて、形も色合いも可愛らしいものです。
花の時期は10月から11月頃。うつむいた感じで、下向きに咲きます。

花が咲くのですから、もちろん「お茶の実」もなります。
でも、お茶畑では、花も実もなかなか目にする機会がないでしょう。

花や実をつけるということは、樹にとってそれだけエネルギーを使うということ。
私たちお茶生産者としては、花や実よりも、良い葉をつけることに栄養を使ってもらいたいので、花芽はすぐに摘み取ってしまうのです。
樹を殖やすときは、タネ(実)から芽を出させて栽培するのではなく、挿し木を行ないます。
もちろん小野園でもそうです。
できるだけ良い葉で、おいしい深むし茶を作りたいですから・・・。

でも、可愛らしくてきれいな花なので、機会があったら鑑賞してみてください。
また、お茶の花は食べることができ、天ぷらにして食べたり、煮詰めてお茶漬けの具にしたり、という地方もあります。
さらに茶の葉と同じく、煎じて飲むこともあるそうですよ。

花の深むし茶・・・。
ちょっと飲んでみたいかも?

コラム「ちょっと一服話」の先頭へもどる
このページの上部へ
Copyright(c) Onoen All Rights Reserved.