極上の深蒸し茶 伝統と文化が薫る味わい

お電話でのご注文はこちらから TEL:0120-455588(よいいいはっぱ) IP電話・携帯電話からはこちらへ TEL:0550-82-0468(代) FAX用の注文用紙はこちら
  • 小野園の歴史
  • 深むし茶へのこだわり
  • お茶の種類
  • お茶のおいしい入れ方
  • オンラインショップ
  • よくあるご質問
  • お客様の声
  • お問い合せ・カタログ請求
  • カートを見る
  • ログイン
商品案内ギフト商品お祝いギフトご法要ギフトご家庭用商品茶器商品一覧送料・お買い物方法
お問い合せ・カタログ請求はこちらから
ギフト人気ランキング
一位

『悠久』 

3,650円

御殿場こだわり推奨品

二位
三位

『ふるさとセット』

2,800円

小野園若女将のおすすめ

コラム ちょっと一服話 【試飲セット】
まずはお試しください。深むし茶や高地煎茶を、お手頃価格でお試しいただけるセットです。小野園自慢の品が何種類も楽しめます。ご注文はこちらから お祝いギフト 慶事にふさわしい、華やかで縁起の良いギフトセット ご法要ギフト ご法要にふさわしい、おごそかで静謐なギフトセット 【ファックス注文用PDF】プリントアウトしてご利用ください。FAX:0550-82-5188
HOME >> コラム ちょっと一服話 >> 暑い日に飲む温かいお茶
コラム ちょっと一服話 お茶にまつわるあんな話・こんな話を集めました

暑い日に飲む温かいお茶

ペットボトルのお茶が普及し、夏場の冷たいお茶の消費量は飛躍的にアップしました。
ジュースや炭酸飲料を飲むのに比べれば、栄養価の面でもカロリーの面でも、とても健康的なことです。
汗をかいたあとや、外から帰ったときに、グーッと飲み干す冷たいお茶は最高!

でも、おやつタイムや食事どきには、温かいお茶を飲んでみませんか。

夏、冷たいものを必要以上に摂りすぎると、胃腸が冷えます。
体は、それを元に戻すため、大量のエネルギーを消費します。
それでも胃腸が温まらないと、消化機能が低下してしまいます。
暑くて元気が出なかったり、なにもする気が起こらなかったりする、いわゆる「夏バテ」は、消化器が弱まって食事をしても栄養が採れなくなることが原因のひとつです。
また、働く人は、クーラーが効きすぎたオフィスにずっといることで、夏なのに冷え症になり、室外との気温差でさらにバテてしまうとも言われます。

体を内側から優しくいたわると同時に、過剰なクーラーから守ってくれるのが、温かい飲み物です。
暑い季節にこそ、温かいお茶はいかがですか。

入浴後や外出後など、たっぷり汗をかいたら冷たいお茶で水分を補給し、落ち着いたら体を冷やさないようぬるめのお茶に切り替える・・・など、場面に応じていろいろなお茶をお楽しみください。

小野園の深むし茶は、70度ぐらいのお湯で淹れるのがおすすめ。
沸騰させたお湯をいったん湯のみに注いで、少し冷ますと同時に湯のみを温め、そのお湯でお茶を淹れてください。
それから少し待って、良い具合にぬるくなったところで召し上がるのが、暑い時期のおすすめです。

コラム「ちょっと一服話」の先頭へもどる
このページの上部へ
Copyright(c) Onoen All Rights Reserved.