極上の深蒸し茶 伝統と文化が薫る味わい

お電話でのご注文はこちらから TEL:0120-455588(よいいいはっぱ) IP電話・携帯電話からはこちらへ TEL:0550-82-0468(代) FAX用の注文用紙はこちら
  • 小野園の歴史
  • 深むし茶へのこだわり
  • お茶の種類
  • お茶のおいしい入れ方
  • オンラインショップ
  • よくあるご質問
  • お客様の声
  • お問い合せ・カタログ請求
  • カートを見る
  • ログイン
商品案内ギフト商品お祝いギフトご法要ギフトご家庭用商品茶器商品一覧送料・お買い物方法
お問い合せ・カタログ請求はこちらから
コラム ちょっと一服話 【試飲セット】
まずはお試しください。深むし茶や高地煎茶を、お手頃価格でお試しいただけるセットです。小野園自慢の品が何種類も楽しめます。ご注文はこちらから お祝いギフト 慶事にふさわしい、華やかで縁起の良いギフトセット ご法要ギフト ご法要にふさわしい、おごそかで静謐なギフトセット 【ファックス注文用PDF】プリントアウトしてご利用ください。FAX:0550-82-5188
HOME >> コラム ちょっと一服話 >> ごはんを盛るのに、なぜ「茶」碗?
コラム ちょっと一服話 お茶にまつわるあんな話・こんな話を集めました

ごはんを盛るのに、なぜ「茶」碗?

食事のとき、米飯を盛り付ける食器を「茶碗」と呼びますよね。
お茶を注ぐわけでもないのに、なぜ「茶碗」なのでしょうか。

そもそも「茶碗」は、その名の通り、もともとはお茶のための器を指したのです。
奈良時代から平安時代、お茶とともにお茶の道具も中国から伝来し、磁器の「茶碗」もこのときに日本にやってきました。
磁器の茶碗はお茶を飲むために必要な食器でしたが、当時の日本では磁器が作れなかったので、その後もずっと、中国から輸入していました。
茶碗のほか、花瓶、皿、鉢など、さまざまな磁器が中国から日本にやってきましたが、やはりダントツに多かったのは茶碗。
そのため、しだいに磁器全般のことを「茶碗」と呼ぶようになっていきました。

さて、豊臣秀吉の朝鮮出兵で日本に連れてこられた朝鮮の陶工が、九州の有田で磁器の国産に成功。
その後、江戸時代に入り、国産の磁器が広まると、庶民も磁器の食器を使うようになったのです。
それまでは木の食器が一般的でしたが、磁器が広まってから、庶民は磁器の茶碗にごはんを盛るようになり、「ごはん茶碗」と呼ぶようになりました。
そのうち、毎日食べるごはんのほうがメーンになり、いつの間にか「茶碗」=「ごはん茶碗」となっていったのです。

お茶も、磁器の茶碗も、当初は上流階級の高級な嗜好品でした。
でも庶民のものになるにつれ、お茶は製法が劇的に変わり、茶碗は呼び名まで変わりました。
庶民のエネルギーって、素晴らしいですね。
小野園の深むし茶も、気張らず、気楽に、お好きな器で、毎日気軽に楽しんでください。

さて、余談ですが、「茶碗」と似たような話に「サカナ」があります。
江戸時代まで、酒のつまみを肴(サカナ=酒菜)、「fish」は魚(うお)と言いました。
しかし江戸時代、サカナ(肴)にうお(魚)を食べるのが大流行!
サカナ(肴)と言えばうお(魚)しかない、味噌や塩なんか舐めてられるかい、というぐらいに大流行したため、いつの間にかうお(魚)を「さかな」と呼ぶようになったとか。
江戸っ子は、言葉を柔軟に使いこなす人たちだったのですね。

コラム「ちょっと一服話」の先頭へもどる
このページの上部へ
Copyright(c) Onoen All Rights Reserved.