極上の深蒸し茶 伝統と文化が薫る味わい

お電話でのご注文はこちらから TEL:0120-455588(よいいいはっぱ) IP電話・携帯電話からはこちらへ TEL:0550-82-0468(代) FAX用の注文用紙はこちら
  • 小野園の歴史
  • 深むし茶へのこだわり
  • お茶の種類
  • お茶のおいしい入れ方
  • オンラインショップ
  • よくあるご質問
  • お客様の声
  • お問い合せ・カタログ請求
  • カートを見る
  • ログイン
商品案内ギフト商品お祝いギフトご法要ギフトご家庭用商品茶器商品一覧送料・お買い物方法
お問い合せ・カタログ請求はこちらから
コラム ちょっと一服話 【試飲セット】
まずはお試しください。深むし茶や高地煎茶を、お手頃価格でお試しいただけるセットです。小野園自慢の品が何種類も楽しめます。ご注文はこちらから お祝いギフト 慶事にふさわしい、華やかで縁起の良いギフトセット ご法要ギフト ご法要にふさわしい、おごそかで静謐なギフトセット 【ファックス注文用PDF】プリントアウトしてご利用ください。FAX:0550-82-5188
HOME >> コラム ちょっと一服話 >> お茶の王様「やぶきた」発見物語
コラム ちょっと一服話 お茶にまつわるあんな話・こんな話を集めました

お茶の王様「やぶきた」発見物語

イチゴの「とちおとめ」「あまおう」、米の「ササニシキ」「コシヒカリ」などのように、お茶にも品種があります。
最も多く栽培されているお茶の品種が「やぶきた」です。
いまや全国の8割の茶園で栽培されている優良品種「やぶきた」は、1908(明治41)年に静岡県で発見されました。発見したのは現在の静岡市に生まれた杉山彦三郎(1857〜1941)という人物です。

彦三郎翁が、
「お茶の樹には良い樹とそうでない樹がある。良い芽をつける樹ばかり選んで植えれば、良いお茶がたくさんとれる」
ということに気付いたのは20歳のころ。
今でこそ当たり前の考え方ですが、それまで、我が国のお茶栽培の方法は、ただ「どんどん植える」だけでしたので、この発想はまさにエポックメーキング。

彦三郎翁は良い芽をつけるお茶の樹を求め、近隣の茶園を歩くだけでなく、関東や九州にまで旅し、枝を分けてもらっては集めました。
そんななか、静岡市谷田にある、竹やぶを開墾した茶園で、良さそうな2本の樹を発見したのは1908年のこと。竹やぶ茶園の南側から選抜した樹を「やぶみなみ」、北側から選抜した樹を「やぶきた」と名づけ、実験と観察を続けたところ、「やぶきた」が非常に優れていることが分かったのです。

彦三郎翁は、やぶきた以外にも、生涯で100種ほどの優良品種を世に紹介しました。
残念ながら、翁の存命中にその業績は評価されませんでしたが、戦乱、戦後の食糧難時代ののち、1953(昭和28)年には農林省(当時)から「奨励品種」の指定を受けました。以来「やぶきた」は、茶農家には安定した収穫を、お客さまには高品質の味を提供しつづけています。

原樹は1963(昭和38)年に静岡県の天然記念物の指定を受け、静岡県立美術館の北側入り口に移植され、今も元気にしています。静岡にお越しの際は、ぜひお立ちよりください。もちろん、小野園にも遊びにいらしてくださいね。おみやげにおいしい深むし茶をどうぞ!

コラム「ちょっと一服話」の先頭へもどる
このページの上部へ
Copyright(c) Onoen All Rights Reserved.