極上の深蒸し茶 伝統と文化が薫る味わい

お電話でのご注文はこちらから TEL:0120-455588(よいいいはっぱ) IP電話・携帯電話からはこちらへ TEL:0550-82-0468(代) FAX用の注文用紙はこちら
  • 小野園の歴史
  • 深むし茶へのこだわり
  • お茶の種類
  • お茶のおいしい入れ方
  • オンラインショップ
  • よくあるご質問
  • お客様の声
  • お問い合せ・カタログ請求
  • カートを見る
  • ログイン
商品案内ギフト商品お祝いギフトご法要ギフトご家庭用商品茶器商品一覧送料・お買い物方法
お問い合せ・カタログ請求はこちらから
コラム ちょっと一服話 【試飲セット】
まずはお試しください。深むし茶や高地煎茶を、お手頃価格でお試しいただけるセットです。小野園自慢の品が何種類も楽しめます。ご注文はこちらから お祝いギフト 慶事にふさわしい、華やかで縁起の良いギフトセット ご法要ギフト ご法要にふさわしい、おごそかで静謐なギフトセット 【ファックス注文用PDF】プリントアウトしてご利用ください。FAX:0550-82-5188
HOME >> コラム ちょっと一服話 >> おいしいお茶を淹れるための水は?
コラム ちょっと一服話 お茶にまつわるあんな話・こんな話を集めました

おいしいお茶を淹れるための水は?

お茶を淹れる際、どんな水を使うかで味も変わってきます。

●水道水

水道水には、細胞の増殖を抑えるため、カルキが含まれています。
カルキは、水を清潔に保つため、また安全のために必要なものですが、カルキ臭がありますので、お茶を淹れる際にはこれを消したほうがおいしくなります。

カルキ臭を飛ばすためには、水を完全に沸騰させ、やかんのふたを外して、さらに5分ほど沸騰させ、水蒸気を飛ばすのがポイントです。

また、一晩汲み置きをするだけでも匂いがかなり飛びます。
ポットやペットボトル、鍋などに水道水を汲んで、ふたを開けたまま一晩置いておけば、翌朝にはお茶に使えます。
このとき、炭を入れるとさらに効果があります。

小野園の深むし茶をカルキ臭を消した水で淹れると、さらにおいしさがアップするので、ぜひお試しください。

●ミネラルウオーター

日本の水は軟水ですので、お茶も軟水で淹れるほうがおいしいでしょう。
なるべく硬度が低い水を選んでください。
軟水は、口当たりが丸くてまろやかですので、お茶もまろやかになります。
外国産のミネラルウオーターは硬水が多いので、購入する際は、硬度をチェックしてください。

コラム「ちょっと一服話」の先頭へもどる
このページの上部へ
Copyright(c) Onoen All Rights Reserved.