極上の深蒸し茶 伝統と文化が薫る味わい

お電話でのご注文はこちらから TEL:0120-455588(よいいいはっぱ) IP電話・携帯電話からはこちらへ TEL:0550-82-0468(代) FAX用の注文用紙はこちら
  • 小野園の歴史
  • 深むし茶へのこだわり
  • お茶の種類
  • お茶のおいしい入れ方
  • オンラインショップ
  • よくあるご質問
  • お客様の声
  • お問い合せ・カタログ請求
  • カートを見る
  • ログイン
商品案内ギフト商品お祝いギフトご法要ギフトご家庭用商品茶器商品一覧送料・お買い物方法
お問い合せ・カタログ請求はこちらから
コラム ちょっと一服話 【試飲セット】
まずはお試しください。深むし茶や高地煎茶を、お手頃価格でお試しいただけるセットです。小野園自慢の品が何種類も楽しめます。ご注文はこちらから お祝いギフト 慶事にふさわしい、華やかで縁起の良いギフトセット ご法要ギフト ご法要にふさわしい、おごそかで静謐なギフトセット 【ファックス注文用PDF】プリントアウトしてご利用ください。FAX:0550-82-5188
HOME >> コラム ちょっと一服話 >> 静岡県の茶畑は広い!
コラム ちょっと一服話 お茶にまつわるあんな話・こんな話を集めました

お茶と霧の深い関係

茶の樹は温暖で雨が多い地域でよく生育します。
適した降雨量は年間1300ミリから1400ミリぐらい、気温は年間平均が14度から16度ぐらい、寒い時期でもマイナス5度以下にはならず、夏は40度を超えない程度が適しています。
我が国の、農作物としてお茶を栽培できる北限は、日本海側が新潟県村上市、太平洋側が茨城県大子町です。村上市のお茶は「村上茶」、大子町のお茶は「奥久慈茶」として知られています。

さて、静岡県はそんな茶の樹の生育条件にぴったり合うのですが、さらに小野園がある御殿場には、もうひとつのすばらしい自然条件があります。

それは「霧」。
茶の葉は、日光に当たって紫外線を浴びると、ポリフェノールの一種で渋みの成分である「カテキン」が多くなります。
反対に、紫外線をあまり浴びないと、甘み成分の「テアニン」が多くなります。
(詳しくはコラム「『新茶で長生き』って本当?」をご覧下さい)。

さて、御殿場はとても霧が発生しやすい土地で、しばしば東名高速道路の渋滞を引き起こすほど。
この霧が、お茶にとっては「天然の紫外線よけヴェール」の役割を果たします。
つまり、御殿場の茶の樹は、ちょうど良い具合に時おり日光がさえぎられ、紫外線を浴びる量が少ないということ。
そのため、適度な渋みと口に残る甘みのバランスが取れた、良いお茶ができるのです。

小野園の自社農園および契約農園の茶の樹も、富士のふもとで御殿場の自然の恩恵を受け、今日もおいしい深むし茶になっていくのです。

コラム「ちょっと一服話」の先頭へもどる
このページの上部へ
Copyright(c) Onoen All Rights Reserved.