極上の深蒸し茶 伝統と文化が薫る味わい

お電話でのご注文はこちらから TEL:0120-455588(よいいいはっぱ) IP電話・携帯電話からはこちらへ TEL:0550-82-0468(代) FAX用の注文用紙はこちら
  • 小野園の歴史
  • 深むし茶へのこだわり
  • お茶の種類
  • お茶のおいしい入れ方
  • オンラインショップ
  • よくあるご質問
  • お客様の声
  • お問い合せ・カタログ請求
  • カートを見る
  • ログイン
商品案内ギフト商品お祝いギフトご法要ギフトご家庭用商品茶器商品一覧送料・お買い物方法
お問い合せ・カタログ請求はこちらから
コラム ちょっと一服話 【試飲セット】
まずはお試しください。深むし茶や高地煎茶を、お手頃価格でお試しいただけるセットです。小野園自慢の品が何種類も楽しめます。ご注文はこちらから お祝いギフト 慶事にふさわしい、華やかで縁起の良いギフトセット ご法要ギフト ご法要にふさわしい、おごそかで静謐なギフトセット 【ファックス注文用PDF】プリントアウトしてご利用ください。FAX:0550-82-5188
HOME >> コラム ちょっと一服話 >> 結婚祝いに日本茶を
コラム ちょっと一服話 お茶にまつわるあんな話・こんな話を集めました

結婚祝いに日本茶を

お茶は暮らしに密着した飲み物です。
食事のとき、家事がひと段落したとき、仕事や勉強の合間、外出から帰ったときなどなど、毎日の生活のなかでシーンが切り替わるたびに登場するのがお茶。

新しい家庭を作り、新しい人生を始める新婚のご夫婦に、
「これからは一人前の大人として、ふたりの新しい生活を築いていってね」
という想いを込めて、お祝いにお茶を贈ってみてはいかがでしょう。
挙式・披露宴・新婚旅行を終え、いよいよ新居でスタートする新生活。
初めての朝ごはんに緑茶が添えられていたら、
「ああ、≪生活≫が始まるんだなあ」
と実感がわき、あらためて幸せと希望があふれてくることでしょう。

香典返しや満中陰志、仏事の引き出物にお茶が贈られることが多いため、そのようなイメージから「結婚のお祝いにお茶はよくない」と考えるかたも時折いらっしゃるようですが、正式なマナーとして「お茶はタブー」ということはありません。
結婚祝いでタブーとされているのは、包丁やハサミなど「切れる」もので、日本茶はもちろん、紅茶やハーブティーも慶事の贈り物として喜ばれる品物です。

また、結婚前の結納の席でもお茶が贈られることがあります。
特に九州地方では、結納品の中心となる品がお茶であるため、お茶屋さんが結納品全般を扱っているほどです。
お茶の木は、定植するとその土になつき、一度根付いたら移植できないことから、嫁ぎ先にしっかり根を下ろして生きていくように、という願いがこもっているのです。

慶事のお祝いには、小野園の深むし茶をぜひどうぞ。
世代を超え、誰にでも喜ばれるギフトとして、内祝いにも適しています。
お祝いにふさわしい紅白・金のパッケージのものや、金箔付きのギフトもご用意しています。

コラム「ちょっと一服話」の先頭へもどる
このページの上部へ
Copyright(c) Onoen All Rights Reserved.