極上の深蒸し茶 伝統と文化が薫る味わい

お電話でのご注文はこちらから TEL:0120-455588(よいいいはっぱ) IP電話・携帯電話からはこちらへ TEL:0550-82-0468(代) FAX用の注文用紙はこちら
  • 小野園の歴史
  • 深むし茶へのこだわり
  • お茶の種類
  • お茶のおいしい入れ方
  • オンラインショップ
  • よくあるご質問
  • お客様の声
  • お問い合せ・カタログ請求
  • カートを見る
  • ログイン
商品案内ギフト商品お祝いギフトご法要ギフトご家庭用商品茶器商品一覧送料・お買い物方法
お問い合せ・カタログ請求はこちらから
コラム ちょっと一服話 【試飲セット】
まずはお試しください。深むし茶や高地煎茶を、お手頃価格でお試しいただけるセットです。小野園自慢の品が何種類も楽しめます。ご注文はこちらから お祝いギフト 慶事にふさわしい、華やかで縁起の良いギフトセット ご法要ギフト ご法要にふさわしい、おごそかで静謐なギフトセット 【ファックス注文用PDF】プリントアウトしてご利用ください。FAX:0550-82-5188
HOME >> コラム ちょっと一服話 >> 粉末緑茶で和スイーツを作ろう「茶入りあんの栗かのこ」
コラム ちょっと一服話 お茶にまつわるあんな話・こんな話を集めました

ちょっと雑学〜お茶をめぐる言葉たち その2

お茶の子さいさい

「お茶の子(または御茶の子)」は、「茶の子」の丁寧語。「茶の子」とは、お茶菓子のこと。お茶菓子は、軽くつまめる、お腹にたまらないお菓子ですので、「朝飯前」と同じで、「簡単にできること」を意味します。「さいさい」ははやし言葉です。現代語ふうにすると、「そんなの簡単、ピーヒャララー」といった感じでしょうか。

へそが茶を沸かす

おもしろおかしくてたまらない様子、それもばかばかしくて笑いが止まらない様子を指します。お茶を入れるときに沸かすお湯が沸騰してグラグラする様子と、笑いすぎて腹筋がユラユラ揺れる様子をかけたのでしょうね。「へそが≪湯≫を沸かす」ではないところに昔の人の機微が感じられます。

茶の間

住宅の中の一室。「お茶の間」とも言い、現代の子どもたちや若者にはどんな部屋か想像もつかないかもしれませんが、リビングダイニングのことです。昔の人は、家族が集まってくつろいだり食事をしたりする部屋を「お茶を飲む部屋」と名づけました。今でも、一家だんらんとお茶は切り離せない関係なのではないでしょうか。

お茶を引く

お客様が来なくて仕事がない状態を「お茶を引く」と言います。遊郭などでは、お客がつかなくてヒマな遊女や芸者は、時間つぶしに茶葉を臼で引いて抹茶にする仕事をさせられていたことから来ています。

茶づる

江戸時代には「茶漬けを食べる」を「茶づる」と言ったそうです。洒落本『多佳余宇辞(たかようじ)』に「これやい、茶づるから茶をもつて来い(おい、茶漬けを食うから茶を持って来い)」という記述が残っています。今どきの若者が、コーヒーチェーン店に行くのを「スタバる」、インターネットで調べ物をすることを「ググる」と言うのと同じですね。

このように、ひとつのキーワード(当コラムでは「茶」)を決めて慣用表現やことわざをひもといていくと、先人のセンスの良さや日本語の妙味が見えてきます。それと同時に、「茶」だけでもたくさんの表現があることから、お茶がいかに私たちの生活に密着しているか分かりますね。
贈って良し、自分用に良しの「お茶」。小野園ではギフト向けの高級深むし茶を多数とり揃えておりますが、同時にご家庭用も豊富にご用意しております。

コラム「ちょっと一服話」の先頭へもどる
このページの上部へ
Copyright(c) Onoen All Rights Reserved.