極上の深蒸し茶 伝統と文化が薫る味わい

お電話でのご注文はこちらから TEL:0120-455588(よいいいはっぱ) IP電話・携帯電話からはこちらへ TEL:0550-82-0468(代) FAX用の注文用紙はこちら
  • 小野園の歴史
  • 深むし茶へのこだわり
  • お茶の種類
  • お茶のおいしい入れ方
  • オンラインショップ
  • よくあるご質問
  • お客様の声
  • お問い合せ・カタログ請求
  • カートを見る
  • ログイン
商品案内ギフト商品お祝いギフトご法要ギフトご家庭用商品茶器商品一覧送料・お買い物方法
お問い合せ・カタログ請求はこちらから
コラム ちょっと一服話 【試飲セット】
まずはお試しください。深むし茶や高地煎茶を、お手頃価格でお試しいただけるセットです。小野園自慢の品が何種類も楽しめます。ご注文はこちらから お祝いギフト 慶事にふさわしい、華やかで縁起の良いギフトセット ご法要ギフト ご法要にふさわしい、おごそかで静謐なギフトセット 【ファックス注文用PDF】プリントアウトしてご利用ください。FAX:0550-82-5188
HOME >> コラム ちょっと一服話 >> 勉強のお供にお茶
コラム ちょっと一服話 お茶にまつわるあんな話・こんな話を集めました

勉強のお供にお茶

お茶にはさまざまな効能があります。
受験シーズンには、お茶のカフェインで眠気覚ましと集中力アップ!

カフェインはお茶の苦味のもとで、淹れるときのお湯の温度が高いほどよく抽出されます。
おいしいお茶を淹れるには、60度から80度ぐらいのお湯が適していますが、カフェインをとりたいときはやや高めの温度で淹れてみてください。
カフェイン含有量では玉露がだんとつで、煎茶、抹茶が続きます。
茶葉を摘んだ季節で言うと、新茶に最も多く含まれ、秋の四番茶ではかなり少なくなります。

お茶やコーヒーで目が覚めるのは、カフェインが中枢神経を刺激するためです。
中枢神経が刺激されると、脳の働きが活性化し、気持ちも上向きになります。
栄養ドリンクにカフェインが配合されているのはそういう理由からです。
しかし、摂りすぎてもよくありません。
敏感になりすぎて、心がソワソワして落ち着かなくなったり、人によっては頭痛を引き起こしたりすることもあるのです。
そのため、「一晩中、コーヒーやお茶を飲みながら勉強する」という受験生のかたが、カフェインが多いからという理由で何杯も玉露を召し上がると、逆効果になることも。

たくさん飲みたいけどカフェインは適量で抑えたい。
そんなときにおすすめなのが、カフェイン少なめの粉茶です。
茶葉をまるごといただくので、一見、カフェインもたくさん摂ってしまうように感じますが、一杯あたりに使用する茶葉の量が少なくて済むのです。
また、粉茶はお湯を注ぐだけで簡単に淹れられますので、勉強の妨げにもなりません。

適度な覚醒と適度なリラックスで、受験直前期を乗り越えてください。

コラム「ちょっと一服話」の先頭へもどる
このページの上部へ
Copyright(c) Onoen All Rights Reserved.