極上の深蒸し茶 伝統と文化が薫る味わい

お電話でのご注文はこちらから TEL:0120-455588(よいいいはっぱ) IP電話・携帯電話からはこちらへ TEL:0550-82-0468(代) FAX用の注文用紙はこちら
  • 小野園の歴史
  • 深むし茶へのこだわり
  • お茶の種類
  • お茶のおいしい入れ方
  • オンラインショップ
  • よくあるご質問
  • お客様の声
  • お問い合せ・カタログ請求
  • カートを見る
  • ログイン
商品案内ギフト商品お祝いギフトご法要ギフトご家庭用商品茶器商品一覧送料・お買い物方法
お問い合せ・カタログ請求はこちらから
コラム ちょっと一服話 【試飲セット】
まずはお試しください。深むし茶や高地煎茶を、お手頃価格でお試しいただけるセットです。小野園自慢の品が何種類も楽しめます。ご注文はこちらから お祝いギフト 慶事にふさわしい、華やかで縁起の良いギフトセット ご法要ギフト ご法要にふさわしい、おごそかで静謐なギフトセット 【ファックス注文用PDF】プリントアウトしてご利用ください。FAX:0550-82-5188
HOME >> コラム ちょっと一服話 >> 御殿場観光情報「2 浅間神社篇」
コラム ちょっと一服話 お茶にまつわるあんな話・こんな話を集めました

御殿場観光情報「2 浅間神社篇」

創業100年・深むし茶の小野園は、静岡県東部の御殿場市にあります。
小野園の周辺には観光名所がいっぱい!
今回は、小野園本店の隣にある、新橋浅間神社と、富士山・浅間信仰についてご紹介します。

浅間神社のはじまり

古来、富士山は聖なる山として信仰の対象となっていました。
しかし、富士山は時に大噴火をいたします。ひとたび噴火すると、ふもとの住民は住み慣れた土地を離れてほうぼうへ避難し、栄えた集落はなくなってしまいます。そこで、富士を鎮めるため、浅間(あさま)大神をおまつりする浅間大社(静岡県富士宮市にある富士山本宮浅間大社)が生まれました。
ちなみに、「アサマ」とは「火の山」を意味する古語で、のちに「浅間」という漢字をあてたそうです。群馬県にはそのものズバリ、「浅間山(あさまやま)」という活火山がありますね。こちらの浅間神社では、あてた漢字を「センゲン」と音読するようになったと思われます。

さて、富士山参りは奈良・平安の時代から貴族たちの間で広く行われ、鎌倉・室町時代以降は庶民の間でも大流行しました。富士詣と並行して浅間信仰も広まり、静岡県内のみならず関東一帯に「浅間神社」と名のつく神社がたくさん作られていったのです。
どの浅間神社も、富士山が見えるところにあると言われています。今は高層ビルに囲まれている東京都内の浅間神社でも、当時は富士山が見えたのかもしれません。

新橋浅間神社の境内には

さて、小野園本店のすぐ隣にあるのが「新橋浅間神社(にいばし・せんげんじんじゃ)」です。富士詣の際、富士山より西から来る参拝客は、富士山本宮浅間大社より登り、東からの参拝客は、小野園隣の新橋浅間神社から登りました。
新橋浅間神社には、富士登山を記録する石碑も残っております。

浅間神社の主祭神は、どこでも「木花咲耶姫命(このはなさくやひめのみこと)」です。富士山の噴火を鎮めるためにまつられたことからもお分かりのとおり、水の神様です。(その他、安産や子育ての神様でもあります)。
小野園隣の新橋浅間神社の境内には、地下85メートルからの湧水があり、「木の花名水(このはなめいすい)」と名づけられました。この水を汲みに来る人が後を絶ちません。

御殿場にお越しの際は、小野園でお求めになったお茶を、木の花名水で淹れてみてはいかがでしょう?!
特におすすめしております新茶商品「芳翠」は、新橋浅間神社でご祈祷いたしました。創業100年の小野園の粋が詰まった逸品です。

浅間神社がいっぱい

小野園周辺には、新橋浅間神社以外にも、「浅間」と名のつく神社が数多くございます。たいへん立派な鳥居と社殿を持つ駒門浅間神社、境内に巨大な杉の古木がある永塚浅間神社、周囲の人家や農地に溶け込んだ静かな北久原浅間神社など、さまざまです。
富士山・浅間信仰に思いをはせながら、たくさんめぐってみてください。どこに立つと富士山が見えるのか、各神社でお探しになるのも、一興ですよ。

コラム「ちょっと一服話」の先頭へもどる
このページの上部へ
Copyright(c) Onoen All Rights Reserved.