極上の深蒸し茶 伝統と文化が薫る味わい

お電話でのご注文はこちらから TEL:0120-455588(よいいいはっぱ) IP電話・携帯電話からはこちらへ TEL:0550-82-0468(代) FAX用の注文用紙はこちら
  • 小野園の歴史
  • 深むし茶へのこだわり
  • お茶の種類
  • お茶のおいしい入れ方
  • オンラインショップ
  • よくあるご質問
  • お客様の声
  • お問い合せ・カタログ請求
  • カートを見る
  • ログイン
商品案内ギフト商品お祝いギフトご法要ギフトご家庭用商品茶器商品一覧送料・お買い物方法
お問い合せ・カタログ請求はこちらから
コラム ちょっと一服話 【試飲セット】
まずはお試しください。深むし茶や高地煎茶を、お手頃価格でお試しいただけるセットです。小野園自慢の品が何種類も楽しめます。ご注文はこちらから お祝いギフト 慶事にふさわしい、華やかで縁起の良いギフトセット ご法要ギフト ご法要にふさわしい、おごそかで静謐なギフトセット 【ファックス注文用PDF】プリントアウトしてご利用ください。FAX:0550-82-5188
HOME >> コラム ちょっと一服話 >> お正月は福茶
コラム ちょっと一服話 お茶にまつわるあんな話・こんな話を集めました

お正月は福茶

お正月には「福茶」もしくは「大福茶」と呼ばれるお茶をいただく習慣があります。昆布と梅干しのいずれか、あるいは両方が入ったお茶で、縁起ものです。主に関西でよく見られるもので、関東ではまだ少々珍しいかもしれません。

大福茶は、村上天皇(在位946年〜967年)が毎年お正月に梅干し入りのお茶を飲んだことから広まった習慣で、当時は天皇が一服するお茶ということで「皇服茶」と呼ばれていました。今でも、京都の六波羅蜜寺では、お正月に参拝客に皇服茶をふるまいます。
また、梅で有名な北野天満宮では、年末に大福梅の授与が行われます。夏の初めに収穫された苑内の梅の実から作った梅干しで、お正月の大福茶に入れていただきます。

さて、お正月は、どこに行ってもアルコールがふるまわれる時期ですが、飲酒運転は絶対にダメ!ですよね。
そこで、お屠蘇の代わりに大福茶はいかがでしょう。お屠蘇と同じようにお正月気分が味わえますし、おせち等お正月料理にもよく合います。
また、飲みすぎてしまったときも大福茶はおすすめです。
ミネラルたっぷりの昆布と、胃腸を守る梅干しが入っていますので、二日酔いや、飲みすぎ・食べすぎによるお腹のもたれに、優しくしみわたります。

特別な製法やレシピはありません。ご家庭の煎茶に昆布と梅干しを入れるだけです。
昆布や梅干しの産地にこだわってみたり、お好みの分量や配合を追求してみたりと、各家庭ならではの大福茶を楽しんでください。

こちらもご覧下さい。『お正月や節分に「福茶」』

コラム「ちょっと一服話」の先頭へもどる
このページの上部へ
Copyright(c) Onoen All Rights Reserved.