極上の深蒸し茶 伝統と文化が薫る味わい

お電話でのご注文はこちらから TEL:0120-455588(よいいいはっぱ) IP電話・携帯電話からはこちらへ TEL:0550-82-0468(代) FAX用の注文用紙はこちら
  • 小野園の歴史
  • 深むし茶へのこだわり
  • お茶の種類
  • お茶のおいしい入れ方
  • オンラインショップ
  • よくあるご質問
  • お客様の声
  • お問い合せ・カタログ請求
  • カートを見る
  • ログイン
商品案内ギフト商品お祝いギフトご法要ギフトご家庭用商品茶器商品一覧送料・お買い物方法
お問い合せ・カタログ請求はこちらから
コラム ちょっと一服話 【試飲セット】
まずはお試しください。深むし茶や高地煎茶を、お手頃価格でお試しいただけるセットです。小野園自慢の品が何種類も楽しめます。ご注文はこちらから お祝いギフト 慶事にふさわしい、華やかで縁起の良いギフトセット ご法要ギフト ご法要にふさわしい、おごそかで静謐なギフトセット 【ファックス注文用PDF】プリントアウトしてご利用ください。FAX:0550-82-5188
HOME >> コラム ちょっと一服話 >> 甘茶、麦茶、そば茶・・・「お茶」なの?
コラム ちょっと一服話 お茶にまつわるあんな話・こんな話を集めました

甘茶、麦茶、そば茶・・・「お茶」なの?

毎年4月8日に行われる仏教行事「灌仏会(かんぶつえ)」は、おしゃか様の誕生を祝うもので、「花祭り」とも呼ばれます(旧暦で行う地域もあります)。
花祭りでは、おしゃか様の誕生の像に甘茶をかけたり、参列者に甘茶がふるまわれたりします。

この甘茶は、厳密には「茶」ではありません。
日本茶や中国茶、紅茶はすべて、ツバキ科の「チャノキ」からつくられます。発酵させる時間が違うだけです。
(詳しくは「緑茶・紅茶・ウーロン茶の分かれ目」をご覧ください)。

甘茶のように、名前に「茶」がついているけれども、チャノキが原料ではない飲み物は「茶外茶」と呼ばれます。
ほかには、身近なところでは、麦茶、そば茶、桜茶、ハーブティーなどが「茶外茶」に当たります。

甘茶の原料は「アマチャ」の木です。若葉をつんで、蒸して、もんで、乾燥させて作ります。作り方は日本茶や中国茶、紅茶と同じですね。
麦茶は大麦を、そば茶はそばの実を炒って作ります。
桜茶は、桜の花を塩漬けにしたもの。
ハーブティーは、ミントやカモミール、レモングラスなど香りの高いハーブの葉を、つんですぐ生のまま、あるいは乾燥させてから、煮出して飲むものです。

日本茶・中国茶・紅茶・茶外茶、どれもみな、「飲むとホッとする」「いろいろな料理に合う」「カロリーゼロあるいは低カロリー」などなど、さまざまな共通点がありますが、一番の共通点はやっぱり、
「好きな人と一緒に飲む時間が楽しい」
というところでしょうか。
お茶がつなぐ人の心や、癒しのひとときを、小野園もお手伝いいたします。

コラム「ちょっと一服話」の先頭へもどる
このページの上部へ
Copyright(c) Onoen All Rights Reserved.