極上の深蒸し茶 伝統と文化が薫る味わい

お電話でのご注文はこちらから TEL:0120-455588(よいいいはっぱ) IP電話・携帯電話からはこちらへ TEL:0550-82-0468(代) FAX用の注文用紙はこちら
  • 小野園の歴史
  • 深むし茶へのこだわり
  • お茶の種類
  • お茶のおいしい入れ方
  • オンラインショップ
  • よくあるご質問
  • お客様の声
  • お問い合せ・カタログ請求
  • カートを見る
  • ログイン
商品案内ギフト商品お祝いギフトご法要ギフトご家庭用商品茶器商品一覧送料・お買い物方法
お問い合せ・カタログ請求はこちらから
コラム ちょっと一服話 【試飲セット】
まずはお試しください。深むし茶や高地煎茶を、お手頃価格でお試しいただけるセットです。小野園自慢の品が何種類も楽しめます。ご注文はこちらから お祝いギフト 慶事にふさわしい、華やかで縁起の良いギフトセット ご法要ギフト ご法要にふさわしい、おごそかで静謐なギフトセット 【ファックス注文用PDF】プリントアウトしてご利用ください。FAX:0550-82-5188
HOME >> コラム ちょっと一服話 >> お茶に合うお菓子に使われる「和三盆糖」って?
コラム ちょっと一服話 お茶にまつわるあんな話・こんな話を集めました

お茶に合うお菓子に使われる「和三盆糖」って?

「和三盆(わさんぼん)糖」とは、主に和菓子用の砂糖として使われる砂糖で、徳島県と香川県で作られています。
徳島県産の和三盆糖は「阿波和三盆」、香川県産のものは「讃岐和三盆」とも呼ばれます。
主にらくがんなど干菓子に使われますが、くずきりの蜜や水ようかんにも使われます。

「和三盆糖の原材料は、徳島・香川両県で栽培されているサトウキビの一種「竹糖(ちくとう)」で、竹糖は我が国の在来品種です。
南方の丈夫なサトウキビとは違い、草丈が低く、茎も細いため、農地の面積に対して収穫量があまり多くありません。
さらに、和三盆糖の製造工程は、絞り、煮詰め、手水を加えて練り、さらに絞って乾燥させ・・・と、昔ながらの複雑なもので、機械はほとんど利用せず、熟練した職人さんの腕が全てです。しかも、寒い時期にしか作ることができません。
従って、和三盆糖は生産量の少ない高級食材として、和菓子屋さんなどで重宝されています。
製造工程で出る蜜もまた、独特の上品な味わいで愛されています。
小野園が春休みと夏休みに「親子日本茶教室」をひらく、和菓子のしにせ「とらや」さんでも、干菓子、おしるこ、水ようかん、くずきりの蜜などに和三盆糖を使っています。

「和三盆糖の味わいといえば、繊細な風味。
口の中で溶けるような、ほのぼの、ほっこりした自然な甘さ。
和三盆糖を使用したお菓子は、深蒸し茶によく合います。

「小野園では、和三盆糖を使用した水ようかん、和三盆蜜を使用した黒豆ゼリーと、人気のお茶をセットにしたギフト商品『花千代 涼菓』をご用意しております。
ぜひご利用ください。

コラム「ちょっと一服話」の先頭へもどる
このページの上部へ
Copyright(c) Onoen All Rights Reserved.