極上の深蒸し茶 伝統と文化が薫る味わい

お電話でのご注文はこちらから TEL:0120-455588(よいいいはっぱ) IP電話・携帯電話からはこちらへ TEL:0550-82-0468(代) FAX用の注文用紙はこちら
  • 小野園の歴史
  • 深むし茶へのこだわり
  • お茶の種類
  • お茶のおいしい入れ方
  • オンラインショップ
  • よくあるご質問
  • お客様の声
  • お問い合せ・カタログ請求
  • カートを見る
  • ログイン
商品案内ギフト商品お祝いギフトご法要ギフトご家庭用商品茶器商品一覧送料・お買い物方法
お問い合せ・カタログ請求はこちらから
コラム ちょっと一服話 【試飲セット】
まずはお試しください。深むし茶や高地煎茶を、お手頃価格でお試しいただけるセットです。小野園自慢の品が何種類も楽しめます。ご注文はこちらから お祝いギフト 慶事にふさわしい、華やかで縁起の良いギフトセット ご法要ギフト ご法要にふさわしい、おごそかで静謐なギフトセット 【ファックス注文用PDF】プリントアウトしてご利用ください。FAX:0550-82-5188
HOME >> コラム ちょっと一服話 >> 秋こそ冷茶 ポリサッカロイド含有量がアップ
コラム ちょっと一服話 お茶にまつわるあんな話・こんな話を集めました

秋こそ冷茶 ポリサッカロイド含有量がアップ

4〜5月に摘んだお茶は新茶(一番茶)、6〜7月は二番茶、8月は三番茶、そして10月に摘んだお茶は四番茶(または「秋番茶」「秋冬番茶」)と呼ばれます。
夏の間にたっぷり日光を浴びた四番茶は、紫外線から身を守るために分泌する成分であるポリフェノールをたくさん含んでいます。
また、最近の研究では、四番茶に多糖類「ポリサッカライド(ポリサッカロイドとも)」がとりわけ豊富であることが分かっています。

ポリサッカロイドと言えば、富山医科薬科大学薬学部の清水峯夫助教授(当時)が行なった、ラットにお茶エキスを与える血糖値上昇抑制の実験などがよく知られています。
この清水助教授の実験では、水出し番茶のエキスを使ったそうです。
ポリサッカライドは熱に弱いので、水出しのほうがたくさん成分が抽出されるからです。

近年、ペットボトルのお茶も種類が豊富になり、番茶のペットボトルもすっかりおなじみになりました。
でもやっぱり、たくさん飲むなら自家製のほうがコスト面でも安心ですし、何より、市販の冷番茶の味は、なかなか家庭で作った水出し番茶に追い付けないようです。
秋番茶で作った水出し茶、冷蔵庫に常備してゴクゴク飲みたいですね!

こちらもご覧ください
秋のお茶はカラダにおいしい

コラム「ちょっと一服話」の先頭へもどる
このページの上部へ
Copyright(c) Onoen All Rights Reserved.