極上の深蒸し茶 伝統と文化が薫る味わい

お電話でのご注文はこちらから TEL:0120-455588(よいいいはっぱ) IP電話・携帯電話からはこちらへ TEL:0550-82-0468(代) FAX用の注文用紙はこちら
  • 小野園の歴史
  • 深むし茶へのこだわり
  • お茶の種類
  • お茶のおいしい入れ方
  • オンラインショップ
  • よくあるご質問
  • お客様の声
  • お問い合せ・カタログ請求
  • カートを見る
  • ログイン
商品案内ギフト商品お祝いギフトご法要ギフトご家庭用商品茶器商品一覧送料・お買い物方法
お問い合せ・カタログ請求はこちらから
コラム ちょっと一服話 【試飲セット】
まずはお試しください。深むし茶や高地煎茶を、お手頃価格でお試しいただけるセットです。小野園自慢の品が何種類も楽しめます。ご注文はこちらから お祝いギフト 慶事にふさわしい、華やかで縁起の良いギフトセット ご法要ギフト ご法要にふさわしい、おごそかで静謐なギフトセット 【ファックス注文用PDF】プリントアウトしてご利用ください。FAX:0550-82-5188
HOME >> コラム ちょっと一服話 >> 急須を選ぼう 陶磁器篇
コラム ちょっと一服話 お茶にまつわるあんな話・こんな話を集めました

急須を選ぼう 陶磁器篇

まず、磁器と陶器の違いはなんでしょう。
磁器・・・「石もの」と呼ばれ、材料は岩石です。陶石を砕いた石粉を焼成します。
陶器・・・「土もの」と呼ばれ、材料は土です。陶土(粘土)を焼成して作ります。

磁器の急須は材料が石粉なので、組織がたいへん細かいうえ、1300度と非常に高い温度で焼くため、表面がしっかりと焼きしめられています。
そのため、表面がつるつるしていて、香りや成分が吸着しにくく、お茶の味をそのまま出せます。
急須に香りがつかないので、紅茶やハーブティーなどにも使えますから、陶器の急須がひとつあれば、どんなお茶も楽しめます。
このあたりは、ガラス製の急須と同じですね。

一方、陶器は、材料が粘土なので素地の粒子が粗く、香りや成分がしみこみやすいという特徴があります。
そのため、雑味や渋みが取れ、角のないまろやかな味のお茶になります。
三重県科学技術振興センターで、アルミ製・ガラス製・磁器製・陶器製の急須でお茶を入れ、渋み強度を調べるという実験をしたところ、陶器製の急須がいちばん、渋み強度が低い=まろやかという結果が出たそうです。
陶器の急須は、日本茶だけに使用し、洗うときは洗剤を使わずにすすぐだけにしていると、どんどんお茶がまろやかになっていくといいます。ぜひ試してみてください。

小野園では、陶器製の深蒸し茶専用急須『柏陽』と『雲仙』をおすすめしております。
ご自分だけの急須を育ててみませんか。

耐熱ガラス製『茶茶急須(丸)450ml』もあります。

コラム「ちょっと一服話」の先頭へもどる
このページの上部へ
Copyright(c) Onoen All Rights Reserved.