極上の深蒸し茶 伝統と文化が薫る味わい

お電話でのご注文はこちらから TEL:0120-455588(よいいいはっぱ) IP電話・携帯電話からはこちらへ TEL:0550-82-0468(代) FAX用の注文用紙はこちら
  • 小野園の歴史
  • 深むし茶へのこだわり
  • お茶の種類
  • お茶のおいしい入れ方
  • オンラインショップ
  • よくあるご質問
  • お客様の声
  • お問い合せ・カタログ請求
  • カートを見る
  • ログイン
商品案内ギフト商品お祝いギフトご法要ギフトご家庭用商品茶器商品一覧送料・お買い物方法
お問い合せ・カタログ請求はこちらから
コラム ちょっと一服話 【試飲セット】
まずはお試しください。深むし茶や高地煎茶を、お手頃価格でお試しいただけるセットです。小野園自慢の品が何種類も楽しめます。ご注文はこちらから お祝いギフト 慶事にふさわしい、華やかで縁起の良いギフトセット ご法要ギフト ご法要にふさわしい、おごそかで静謐なギフトセット 【ファックス注文用PDF】プリントアウトしてご利用ください。FAX:0550-82-5188
HOME >> コラム ちょっと一服話 >> 手作りほうじ茶でほっこり
コラム ちょっと一服話 お茶にまつわるあんな話・こんな話を集めました

手作りほうじ茶でほっこり

ほうじ茶は、茶葉を炒って作ります。
寒い日は、ほうじ茶を手作りして、ほっこり暖まってみませんか。

【作り方】

1. ホットプレートを温める
2. 温めたホットプレートの上に小鍋を乗せ、底全体を温める
3. 小鍋にお気に入りの茶葉をひとつかみ入れ、木べらでよく混ぜながら数分炒める
4. 茶葉全体が茶色くなってきたらホットプレートの火力を弱くし、全体にまんべんなく火が通るよう、
  ゆっくり炒める。炒める時間はお好みで
5. お好みの色になったら火を止めて鍋を下ろし、茶葉をキッチンペーパーの上に広げて熱を取る

ガスコンロとフライパンでももちろん作れます。
ただ、茶葉が焦げると苦くなるので、火加減には充分、気を付けてください。
茶葉の先端や、小さい葉が焦げてしまった場合は、ザルなどで軽くふるえば、焦げた部分が落ちます。

茶葉を炒ると、とても良い香りが立ち上ります。
ご自宅で、自分で作った炒りたてのほうじ茶は、市販品とはまた違った格別の味です。
寒い冬のひととき、香ばしさを楽しみながら、弱〜中火でじっくり時間を掛けて茶葉を炒めて、心まで暖まってください。

小野園では、こだわりの深むし煎茶を強火で丁寧に炒ったほうじ茶を取り扱っております。
女将のブログでもご紹介しております。
こちらもぜひお試しください。

コラム「ちょっと一服話」の先頭へもどる
このページの上部へ
Copyright(c) Onoen All Rights Reserved.