極上の深蒸し茶 伝統と文化が薫る味わい

お電話でのご注文はこちらから TEL:0120-455588(よいいいはっぱ) IP電話・携帯電話からはこちらへ TEL:0550-82-0468(代) FAX用の注文用紙はこちら
  • 小野園の歴史
  • 深むし茶へのこだわり
  • お茶の種類
  • お茶のおいしい入れ方
  • オンラインショップ
  • よくあるご質問
  • お客様の声
  • お問い合せ・カタログ請求
  • カートを見る
  • ログイン
商品案内ギフト商品お祝いギフトご法要ギフトご家庭用商品茶器商品一覧送料・お買い物方法
お問い合せ・カタログ請求はこちらから
コラム ちょっと一服話 【試飲セット】
まずはお試しください。深むし茶や高地煎茶を、お手頃価格でお試しいただけるセットです。小野園自慢の品が何種類も楽しめます。ご注文はこちらから お祝いギフト 慶事にふさわしい、華やかで縁起の良いギフトセット ご法要ギフト ご法要にふさわしい、おごそかで静謐なギフトセット 【ファックス注文用PDF】プリントアウトしてご利用ください。FAX:0550-82-5188
HOME >> コラム ちょっと一服話 >> 節分の豆でお茶
コラム ちょっと一服話 お茶にまつわるあんな話・こんな話を集めました

節分の豆でお茶

1月2月は寒さもひとしおですが、2月に入るとすぐ、暦の上では春を迎えます。新茶の八十八夜も、立春の日から数えます。そして、立春の前日は節分ですね。

余った豆や食べきれなかった豆で、お茶を淹れてみてはいかがでしょう。
いつもどおりに淹れたお茶に豆を2、3粒浮かべるだけで、香ばしさただよう一味違うお茶になります。
(お茶と一緒に誤って豆を飲み込んでしまうのが心配なかたは、豆を湯飲みに浮かべるのではなく、急須に入れたほうが安心かもしれませんね)。

豆がたくさんある場合や、ご家族が多い場合は、鍋ややかんを使ってたくさん作ってみては。

1. 豆をフライパンで空炒りします
2. 鍋(または、やかん)にお湯を沸かし、沸騰したら空炒りした豆を入れます
3. 火を止め、しばらく置いておきます
4. 豆がふっくらし、お湯の温度が良いあんばいに下がったら、そのお湯を使ってお茶を淹れます

豆を空炒りしたりお湯に浸けたりすることで、香ばしさがいっそう際立ち、また、豆のほんのりとした甘さも出ます。
「福は内」の豆ですから、縁起も良さそうですね!

コラム「ちょっと一服話」の先頭へもどる
このページの上部へ
Copyright(c) Onoen All Rights Reserved.