極上の深蒸し茶 伝統と文化が薫る味わい

お電話でのご注文はこちらから TEL:0120-455588(よいいいはっぱ) IP電話・携帯電話からはこちらへ TEL:0550-82-0468(代) FAX用の注文用紙はこちら
  • 小野園の歴史
  • 深むし茶へのこだわり
  • お茶の種類
  • お茶のおいしい入れ方
  • オンラインショップ
  • よくあるご質問
  • お客様の声
  • お問い合せ・カタログ請求
  • カートを見る
  • ログイン
商品案内ギフト商品お祝いギフトご法要ギフトご家庭用商品茶器商品一覧送料・お買い物方法
お問い合せ・カタログ請求はこちらから
コラム ちょっと一服話 【試飲セット】
まずはお試しください。深むし茶や高地煎茶を、お手頃価格でお試しいただけるセットです。小野園自慢の品が何種類も楽しめます。ご注文はこちらから お祝いギフト 慶事にふさわしい、華やかで縁起の良いギフトセット ご法要ギフト ご法要にふさわしい、おごそかで静謐なギフトセット 【ファックス注文用PDF】プリントアウトしてご利用ください。FAX:0550-82-5188
HOME >> コラム ちょっと一服話 >> 高級品はなぜ桐箱入り?
コラム ちょっと一服話 お茶にまつわるあんな話・こんな話を集めました

高級品はなぜ桐箱入り?

桐箱に収納するものといえば、どんなものを思い浮かべますか?
掛軸・骨董品・数珠・文鎮・茶道具などでしょうか。多くのご家庭にありそうなのが、「へその緒」ですね。
美術館や博物館では、文化財や美術品を桐箱に保管しているところもあります。また、箱ではありませんが、着物は桐だんすにしまいます。

このように、桐箱にしまっておくものはどれも「大切なもの」「貴重なもの」です。
ではなぜ、貴重品を桐箱にしまうのでしょうか。理由はたくさんあります。

・軽くて持ち運びやすい
・反りやゆがみが生じにくいので、長期にわたる保存に適している
・燃えにくい。火災の際も、表面は焼けても内部には火が届かないことが多い
・柔らかく、衝撃を吸収する
・湿気を通しにくいので、カビが生えにくい
・虫がつきにくい

ところで、和牛・果物・そうめん・お茶など、贈答用の高級食品も桐箱に入れられていますね。
それはやはり、防湿性や防虫性の高さが理由です。
お茶はとりわけ湿気の影響を受けやすいデリケートなものですので、おいしさを保つには桐箱が最適なのです。
小野園でも、贈答用の最高級深むし茶は桐箱にお入れしております。大切なかたへの贈り物に、いかがですか。

詳細はこちら >>

『富嶽の路』

小野園のベストセレクト。「極上ほうじ茶」は、「富嶽の路」のための限定品です。

『神苑の翠』

小野園の人気高級茶葉2種の詰め合わせです。

『惠盛』

最高級の天然玉露がたっぷり200g入り。

『久遠の極 桐箱入』

富士山の世界文化遺産登録を記念して発売した、極上の煎茶です。

コラム「ちょっと一服話」の先頭へもどる
このページの上部へ
Copyright(c) Onoen All Rights Reserved.