極上の深蒸し茶 伝統と文化が薫る味わい

お電話でのご注文はこちらから TEL:0120-455588(よいいいはっぱ) IP電話・携帯電話からはこちらへ TEL:0550-82-0468(代) FAX用の注文用紙はこちら
  • 小野園の歴史
  • 深むし茶へのこだわり
  • お茶の種類
  • お茶のおいしい入れ方
  • オンラインショップ
  • よくあるご質問
  • お客様の声
  • お問い合せ・カタログ請求
  • カートを見る
  • ログイン
商品案内ギフト商品お祝いギフトご法要ギフトご家庭用商品茶器商品一覧送料・お買い物方法
お問い合せ・カタログ請求はこちらから
コラム ちょっと一服話 【試飲セット】
まずはお試しください。深むし茶や高地煎茶を、お手頃価格でお試しいただけるセットです。小野園自慢の品が何種類も楽しめます。ご注文はこちらから お祝いギフト 慶事にふさわしい、華やかで縁起の良いギフトセット ご法要ギフト ご法要にふさわしい、おごそかで静謐なギフトセット 【ファックス注文用PDF】プリントアウトしてご利用ください。FAX:0550-82-5188
HOME >> コラム ちょっと一服話 >> 新茶のてんぷら
コラム ちょっと一服話 お茶にまつわるあんな話・こんな話を集めました

新茶のてんぷら

新茶の季節がやってきました。
お茶の新芽は香りが優しくすがすがしく、苦味が少ないのが特徴です。
飲むだけでなく、てんぷらにしてもおいしいですよ。

旬野菜のてんぷら

天ぷら粉を作るときに、もんだ茶葉を混ぜ、お好きな具を揚げてください。
よく合う具は、新茶の時期に旬を迎えるタケノコやアスパラガス、新玉ねぎ、たらの芽などです。

静岡かき揚げ

飲み終わったあとの茶葉をキッチンペーパーに包んで水気を取り、天ぷら粉に入れて、かき揚げのように揚げるのもおすすめです。桜エビを加えてもおいしいです。
桜エビも静岡の名産品ですので、静岡県産の新茶と桜エビで「静岡かき揚げ」なんて、いかがですか。

召し上がるときは、ぜひ塩で。茶葉のうまみがストレートに楽しめます。

摘みたてのお茶の芽が入手しやすい地域では、お茶にする前の、つまり発酵させる前の、摘みたての茶葉をてんぷらにしてよく食べます。 新茶のこの季節、静岡県はもちろん、宇治茶の京都、知覧茶の鹿児島、狭山茶の埼玉など、全国各地の茶畑で、「お茶摘み体験」などのイベントが開催されます。
新鮮な茶葉を摘んで、ご自宅でてんぷらにしてみるのも楽しそうですね。
※茶葉の持ち帰りについては、イベント主催者にお問い合わせくださいね!

ハローナビしずおか 静岡県観光情報「茶摘体験」

コラム「ちょっと一服話」の先頭へもどる
このページの上部へ
Copyright(c) Onoen All Rights Reserved.