極上の深蒸し茶 伝統と文化が薫る味わい

お電話でのご注文はこちらから TEL:0120-455588(よいいいはっぱ) IP電話・携帯電話からはこちらへ TEL:0550-82-0468(代) FAX用の注文用紙はこちら
  • 小野園の歴史
  • 深むし茶へのこだわり
  • お茶の種類
  • お茶のおいしい入れ方
  • オンラインショップ
  • よくあるご質問
  • お客様の声
  • お問い合せ・カタログ請求
  • カートを見る
  • ログイン
商品案内ギフト商品お祝いギフトご法要ギフトご家庭用商品茶器商品一覧送料・お買い物方法
お問い合せ・カタログ請求はこちらから
コラム ちょっと一服話 【試飲セット】
まずはお試しください。深むし茶や高地煎茶を、お手頃価格でお試しいただけるセットです。小野園自慢の品が何種類も楽しめます。ご注文はこちらから お祝いギフト 慶事にふさわしい、華やかで縁起の良いギフトセット ご法要ギフト ご法要にふさわしい、おごそかで静謐なギフトセット 【ファックス注文用PDF】プリントアウトしてご利用ください。FAX:0550-82-5188
HOME >> コラム ちょっと一服話 >> 風呂敷のマナー
コラム ちょっと一服話 お茶にまつわるあんな話・こんな話を集めました

アウトドアにティーバッグ

よく晴れた日は、外でお茶を楽しんでみませんか。
野外ではペットボトルが手軽ですが、お湯と茶葉を用意して自分で淹れてみるのです。
思い立ったらすぐ出かけられるご近所の公園でも、ご自宅のバルコニーや庭でも、自分で淹れたお茶を青空の下で飲むというのは、特別な感じがして、おいしさもひとしおですよ。

とはいっても、屋外に茶漉しや急須を持って出るのはなかなか大変ですから、おすすめなのはティーバッグです。
お湯を入れたポットとティーバッグ、そしてお気に入りのお菓子を持って出れば、野点気分が楽しめます。
バーベキューなら、片手なべでお湯をわかすところから始めるのも楽しいですね。

ティーバッグは、三角タイプがおすすめです。
茶葉がゆらゆらできる「遊び」の空間ができるからです。
茶葉がお湯の中でゆっくりほどけていき、三角ティーバッグの中でゆらゆらすることで、茶葉本来の味と香りが出せるのです。
お気に入りの茶葉があって、自分でティーバッグを作りたい!という場合は、中身の入っていないバッグを買ってきて作ることになりますが、その場合は、三角タイプより平たいもののほうが入手しやすいですね。
金属製でかわいい形のバッグも雑貨屋さんでよく見かけます。主に紅茶に使う人が多いようですが、日本茶ももちろん使えます。

使い終わったティーバッグは捨てないで持って帰り、乾燥させてください。
かわいい布袋に入れれば、すてきな消臭剤になります。
ティーバッグだから使用後の交換も簡単ですよ。

コラム「ちょっと一服話」の先頭へもどる
このページの上部へ
Copyright(c) Onoen All Rights Reserved.