極上の深蒸し茶 伝統と文化が薫る味わい

お電話でのご注文はこちらから TEL:0120-455588(よいいいはっぱ) IP電話・携帯電話からはこちらへ TEL:0550-82-0468(代) FAX用の注文用紙はこちら
  • 小野園の歴史
  • 深むし茶へのこだわり
  • お茶の種類
  • お茶のおいしい入れ方
  • オンラインショップ
  • よくあるご質問
  • お客様の声
  • お問い合せ・カタログ請求
  • カートを見る
  • ログイン
商品案内ギフト商品お祝いギフトご法要ギフトご家庭用商品茶器商品一覧送料・お買い物方法
お問い合せ・カタログ請求はこちらから
コラム ちょっと一服話 【試飲セット】
まずはお試しください。深むし茶や高地煎茶を、お手頃価格でお試しいただけるセットです。小野園自慢の品が何種類も楽しめます。ご注文はこちらから お祝いギフト 慶事にふさわしい、華やかで縁起の良いギフトセット ご法要ギフト ご法要にふさわしい、おごそかで静謐なギフトセット 【ファックス注文用PDF】プリントアウトしてご利用ください。FAX:0550-82-5188
HOME >> コラム ちょっと一服話 >> 人類初のお茶はハーブティーのように
コラム ちょっと一服話 お茶にまつわるあんな話・こんな話を集めました

人類初のお茶はハーブティーのように

お茶は紀元前2700年ごろから中国で飲まれていたとされています。
中国の神話によると、天地創造の3人の神様のうちの1人、「神農」が木陰でお湯を沸かしていると3枚の葉がひらひらと釜に落ちてきて、沸かしたお湯からはとてもよい香りがした・・・ということです。落ちてきたのはお茶の木の葉で、これが喫茶の始まりとされています。

お茶の葉は、薬や食べ物として活用されていました。ですので、最初期のお茶は、現代のハーブティーのように葉を直接お湯に入れて煮出したと考えられています。
神農のエピソードは神話ですが、それでも、「たきぎとして取ってきた小枝を囲炉裏にくべたらよい匂いがした」とか、「食べられる葉なのでゆでてみたら、味も香りも良いゆで汁ができた」とか、実際にそういうことがあった可能性は十分にありますね。

漢から唐の時代にかけて、お茶は飲み物として人々の間に広まります。
自然に生えている茶の木から葉を摘む時代がいつ終わり、人為的に茶木を栽培するようになった時代がいつ始まったのかは明らかではありませんが、東晋時代の紀元後350年ごろには栽培されていたようです。

その後、宋の時代には日本の臨済宗の開祖、栄西(えいざい)が学僧として渡り、たくさんの経典とともにお茶を持ち帰り、本格的に日本でも普及し始めたのでした。ただ、庶民が日常的に飲めるようになるのはもっとあと、江戸時代になってからです。
小野園は創業100余年。明治44年からずっと、皆さまのおそばでお茶を作り続けています。

コラム「ちょっと一服話」の先頭へもどる
このページの上部へ
Copyright(c) Onoen All Rights Reserved.