お茶のおいしい入れ方
煎茶
煎茶は、80〜90度の高温のお湯で淹れると渋めに、50〜60度の低温のお湯で淹れると甘めになります。
1.急須と湯飲みに沸騰したお湯を入れ、温まったらお湯を捨てます。
2.急須に茶葉を入れます。茶葉の量は、茶さじ1杯でひとり分です。
3.お好みの温度まで冷めたお湯を注ぎます。
4.急須にふたをして1分ほど蒸らします。急須はゆすらずに。
5.湯飲みに注ぎます。最後の一滴まで注ぎましょう。

深むし茶
深むし茶を淹れるときは、深むし茶用の急須がおすすめ。
1.茶葉を急須に入れます。
2.湯飲みに入れて70度まで冷ましたお湯を急須に注ぎ、ふたをして、茶葉が開くまで20〜30秒置きます。(二煎目は時間を置かずに注ぎます)

お茶の保存方法
開封したら「茶缶(茶筒)」に入れてください。
茶葉は缶に直接入れるのではなく、アルミ袋のまま入れます。
その際、アルミ袋の口を輪ゴムなどで固く閉じるか、中ぶたをしてください。
缶は湿気の少ない冷暗所に。


【トップへ戻る】

Copyright(c) Onoen All Rights Reserved.