深むし茶へのこだわり
深むし茶って?
「深むし茶」とは、煎茶の一種で、茶葉を長く蒸したものです。
葉が柔らかく、お茶のエキスが出やすいので、独特の風味とコクが生まれます。
「深むし製法」は、味の良さだけを追求した製法です。

深むし茶の特徴
まろやかなコクと甘み、二煎、三煎まで美味しく召し上がれることが特徴です。

小野園の深むし茶
小野園では、明治44(1911)年の創業以来「深むし茶」を作りつづけています。
当初は、自分たちで飲むお茶だけを深むし製法で作っていましたが、次第に「それを売って」というお客さまが増え、ついに小野園の看板商品になりました。

徹底した品質管理
小野園の茶葉は、自社農園及び契約農園で、徹底的な品質管理のもとで栽培されています。
製造は御殿場の自社工場で行っていますので、安心してお召し上がりください。


【トップへ戻る】

Copyright(c) Onoen All Rights Reserved.