極上の深蒸し茶 伝統と文化が薫る味わい

お電話でのご注文はこちらから TEL:0120-455588(よいいいはっぱ) IP電話・携帯電話からはこちらへ TEL:0550-82-0468(代) FAX用の注文用紙はこちら
  • 小野園の歴史
  • 深むし茶へのこだわり
  • お茶の種類
  • お茶のおいしい入れ方
  • オンラインショップ
  • よくあるご質問
  • お客様の声
  • お問い合せ・カタログ請求
  • カートを見る
  • ログイン
商品案内ギフト商品お祝いギフトご法要ギフトご家庭用商品茶器商品一覧送料・お買い物方法
お問い合せ・カタログ請求はこちらから
コラム ちょっと一服話 【試飲セット】
まずはお試しください。深むし茶や高地煎茶を、お手頃価格でお試しいただけるセットです。小野園自慢の品が何種類も楽しめます。ご注文はこちらから お祝いギフト 慶事にふさわしい、華やかで縁起の良いギフトセット ご法要ギフト ご法要にふさわしい、おごそかで静謐なギフトセット 【ファックス注文用PDF】プリントアウトしてご利用ください。FAX:0550-82-5188
HOME >> コラム ちょっと一服話
コラム ちょっと一服話 お茶にまつわるあんな話・こんな話を集めました

カフェインの少ないお茶の淹れ方

お茶が飲みたいけれど、もう夜遅いから眠れなくなるかも・・・という時、カフェインの少ないお茶があったら嬉しいですね。

茶葉に含まれるカフェインは、水にさらされることによって溶けだしますが、この水が高温になればなるほど、たくさん抽出されます。これは、渋み成分のタンニンも同様です。
一方、うまみ・甘み成分のアミノ酸は、水の温度はあまり関係なく、低温の水でもたくさん抽出されます。

そのため、80度ぐらいの高温で淹れたお茶は、味が濃く、また、カフェインがたくさん含まれます。

70度ぐらいだと、渋み(タンニン)が適度に抽出され、うまみ(アミノ酸)とのバランスが取れた味わいになります。カフェインも抽出されています。

60度ぐらいの低温で淹れると、渋みが抑えられ、うまみが多いお茶になります。ただ、タンニンもカフェインも含まれていないわけではありません。

では、どうすればカフェインの抽出を抑えられるのでしょう?
それは、「水出し」です。
カフェインもタンニンも、茶葉を水にさらせば必ず溶けだしますので、ゼロにはできませんが、水温が低ければごく少量に抑えることができます。

夜、遅い時間にお茶が飲みたい時は、水出しがおすすめです。
温かいお茶が飲みたい場合は、水出し茶を温めてお召し上がりください。
ホットミルクを作る時のように、雪平鍋で温めたり、電子レンジでチンしたりします。

冷たいお茶の淹れ方はコチラ

このページの上部へ
Copyright(c) Onoen All Rights Reserved.