極上の深蒸し茶 伝統と文化が薫る味わい

お電話でのご注文はこちらから TEL:0120-455588(よいいいはっぱ) IP電話・携帯電話からはこちらへ TEL:0550-82-0468(代) FAX用の注文用紙はこちら
  • 小野園の歴史
  • 深むし茶へのこだわり
  • お茶の種類
  • お茶のおいしい入れ方
  • オンラインショップ
  • よくあるご質問
  • お客様の声
  • お問い合せ・カタログ請求
  • カートを見る
  • ログイン
商品案内ギフト商品お祝いギフトご法要ギフトご家庭用商品茶器商品一覧送料・お買い物方法
お問い合せ・カタログ請求はこちらから
コラム ちょっと一服話 【試飲セット】
まずはお試しください。深むし茶や高地煎茶を、お手頃価格でお試しいただけるセットです。小野園自慢の品が何種類も楽しめます。ご注文はこちらから お祝いギフト 慶事にふさわしい、華やかで縁起の良いギフトセット ご法要ギフト ご法要にふさわしい、おごそかで静謐なギフトセット 【ファックス注文用PDF】プリントアウトしてご利用ください。FAX:0550-82-5188
HOME >> コラム ちょっと一服話 >> お茶でゲーム
コラム ちょっと一服話 お茶にまつわるあんな話・こんな話を集めました

お茶でゲーム

「闘茶(とうちゃ)」という遊戯を聞いたことがある方もいらっしゃると思います。
別名「利き茶(ききちゃ)」ともいい、利き酒などと同じく、お茶の産地や銘柄を当てるゲームです。
関西では「茶かぶき」と呼ぶことが多いようです。「茶かぶき」は「茶歌舞伎」と書いたり、「茶香服」と書いたりします。
お茶発祥の地である中国で始まった遊戯で、日本には鎌倉時代、お茶の伝来と同時にこの遊戯も伝わりました。

日本に最初に伝来したお茶の種は京都の栂尾(とがのお)に植えられ、そこから我が国でのお茶栽培が始まります。次第に、他の地域にもお茶栽培が広がっていきますが、はじめのうちは生産技術にかなり差があったそうです。
そのため、初期の闘茶は、栂尾で生産されたお茶「本茶」と、それ以外の地域で生産されたお茶「非茶」を区別して言い当てるというシンプルなものでした。

やがて、宇治をはじめとする他地域でも、生産技術が高くなっていきます。味や香りに産地ごとの特徴が生まれてくるにつれ、何種類ものお茶を飲んで、産地や銘柄を当てる複雑な遊戯に発展しました。

庶民階級まで流行が広がると、金品を賭けて遊ぶ人たちが現れ、財産をなくすケースまであり、一時、室町幕府によって禁止されています。「このごろ都にはやるもの」の書き出しで有名な『二条河原の落書』でも、闘茶は批判されました。

時代や流派によって、ルールはいろいろです。姿を変えながら現代に受け継がれ、いまでも愛好家がたくさんいます。
静岡県では、藤枝市で開催される「天下一闘茶会」が有名です。
ご自宅でも、お茶を数種類用意して、家族で遊ぶことができますね。
小野園だけでも、「久遠の極」「芳翠」「極焙煎」「棒茶」「芽茶」「ぐり茶」など、お茶の種類や商品は本当に豊富です。
もともとは高貴な人々の間でたしなまれた優雅な遊びに、日常を忘れてみませんか。

コラム「ちょっと一服話」の先頭へもどる
このページの上部へ
Copyright(c) Onoen All Rights Reserved.