極上の深蒸し茶 伝統と文化が薫る味わい

お電話でのご注文はこちらから TEL:0120-455588(よいいいはっぱ) IP電話・携帯電話からはこちらへ TEL:0550-82-0468(代) FAX用の注文用紙はこちら
  • 小野園の歴史
  • 深むし茶へのこだわり
  • お茶の種類
  • お茶のおいしい入れ方
  • オンラインショップ
  • よくあるご質問
  • お客様の声
  • お問い合せ・カタログ請求
  • カートを見る
  • ログイン
商品案内ギフト商品お祝いギフトご法要ギフトご家庭用商品茶器商品一覧送料・お買い物方法
お問い合せ・カタログ請求はこちらから
コラム ちょっと一服話 【試飲セット】
まずはお試しください。深むし茶や高地煎茶を、お手頃価格でお試しいただけるセットです。小野園自慢の品が何種類も楽しめます。ご注文はこちらから お祝いギフト 慶事にふさわしい、華やかで縁起の良いギフトセット ご法要ギフト ご法要にふさわしい、おごそかで静謐なギフトセット 【ファックス注文用PDF】プリントアウトしてご利用ください。FAX:0550-82-5188
HOME >> コラム ちょっと一服話 >> 深むし茶に対して「浅むし茶」ってあるの?
コラム ちょっと一服話 お茶にまつわるあんな話・こんな話を集めました

深むし茶に対して「浅むし茶」ってあるの?

お茶の製造過程で、茶葉を蒸す時間を長めにとる「深むし茶」に対し、短い時間で「蒸し」を終える「浅むし茶」があります。

お茶の標準的な蒸し時間は、20秒から1分。
「深むし茶」は、これよりも長く、1〜3分ほど蒸して作ります。
これに対し、10〜20秒ほどの短い時間で蒸すお茶を「浅むし茶(若むし茶)」と呼ぶのです。
ちなみに、標準的な蒸し時間のお茶は「普通むし茶」と呼ぶこともあります。

「浅むし茶」は、手揉みのお茶に多く、渋みや苦みなどお茶がもともと持つ味をそのまま残している「昔懐かしい」味わいです。
淹れる際のお湯の温度や、急須での蒸らし時間などで味がその都度、変わってきます。
淹れる人の個性が強く反映されるので、根強いファンを持っているお茶です。
また、茶葉が針のようにスッと美しく、淹れたときの色も透明感が強いので、この見た目を愛する人もたくさんいらっしゃいます。

「普通むし茶」は、浅むし茶のような強い渋みや、深むし茶のようなまろやかなコクはない、オーソドックスで軽やかな味わいのお茶です。
クセがないため、個性の強いお料理やお菓子にあわせても、食べ物の味わいとお茶の味わいがぶつかりあうことがなく、どなたでも気軽にお楽しみいただけるお茶です。

さて、小野園は深むし茶ひとすじ。
お茶を愛するスタッフ一同が、「深むし茶が一番おいしい」と心から感じているからです。
この考えは、明治44(1911)年の創業からずっと変わりません。
(詳しくは「深むし茶へのこだわり」のページをご覧ください)。


ぜひ一度、浅むし茶(若むし茶)、普通むし茶、深むし茶を飲み比べてみてください。
小野園が深むし茶を愛する理由が、きっとわかっていただける……はず!?

コラム「ちょっと一服話」の先頭へもどる
このページの上部へ
Copyright(c) Onoen All Rights Reserved.