極上の深蒸し茶 伝統と文化が薫る味わい

お電話でのご注文はこちらから TEL:0120-455588(よいいいはっぱ) IP電話・携帯電話からはこちらへ TEL:0550-82-0468(代) FAX用の注文用紙はこちら
  • 小野園の歴史
  • 深むし茶へのこだわり
  • お茶の種類
  • お茶のおいしい入れ方
  • オンラインショップ
  • よくあるご質問
  • お客様の声
  • お問い合せ・カタログ請求
  • カートを見る
  • ログイン
商品案内ギフト商品お祝いギフトご法要ギフトご家庭用商品茶器商品一覧送料・お買い物方法
お問い合せ・カタログ請求はこちらから
コラム ちょっと一服話 【試飲セット】
まずはお試しください。深むし茶や高地煎茶を、お手頃価格でお試しいただけるセットです。小野園自慢の品が何種類も楽しめます。ご注文はこちらから お祝いギフト 慶事にふさわしい、華やかで縁起の良いギフトセット ご法要ギフト ご法要にふさわしい、おごそかで静謐なギフトセット 【ファックス注文用PDF】プリントアウトしてご利用ください。FAX:0550-82-5188
HOME >> コラム ちょっと一服話 >> 茶葉でアロマ
コラム ちょっと一服話 お茶にまつわるあんな話・こんな話を集めました

茶葉でアロマ

リラックス効果や消臭効果があるお茶の葉を使って、癒しの空間を作ってみませんか。
アロマオイルを炊く時と同じように、乾燥させた茶葉をアロマポットや茶香炉で熱して楽しむのが、静かなブームになっています。

お手持ちのアロマポットでもできますが、アロマポットよりも温度の高い「茶香炉」を使うと、より香りが高まります。
茶香炉は専用のろうそくを使いますので、近くに燃えやすいものがない場所など、置く場所に気をつけてください。電気式で高温タイプの茶香炉もあります。
アロマポット・茶香炉いずれも、上部のお皿部分に大さじ1杯程度の茶葉を載せて、スイッチを入れる(もしくは火をつける)だけです。

茶葉は、使用後のものでも大丈夫。ざるや新聞紙に広げたり、干物ネットを使ったり、電子レンジでラップをせずにチンしたりして、完全に乾燥させてから使用します。
新しい茶葉なら、茶香炉で香りを楽しんだあと、ほうじ茶として飲むこともできます。
賞味期限が切れてしまった茶葉を活用するのもよいですね。
茶香炉で炊いた時に、高い香りが立つのは棒茶(茎茶)やほうじ茶です。一方、玉露はあまり香りが強くないようです。
煎茶のほか、ハーブティーやジャスミン茶などを炊いても、楽しめそうですね。

小野園の深むし茶でゆったりティータイムを楽しんだら、使った茶葉で今度はアロマを楽しんでください。

コラム「ちょっと一服話」の先頭へもどる
このページの上部へ
Copyright(c) Onoen All Rights Reserved.