極上の深蒸し茶 伝統と文化が薫る味わい

お電話でのご注文はこちらから TEL:0120-455588(よいいいはっぱ) IP電話・携帯電話からはこちらへ TEL:0550-82-0468(代) FAX用の注文用紙はこちら
  • 小野園の歴史
  • 深むし茶へのこだわり
  • お茶の種類
  • お茶のおいしい入れ方
  • オンラインショップ
  • よくあるご質問
  • お客様の声
  • お問い合せ・カタログ請求
  • カートを見る
  • ログイン
商品案内ギフト商品お祝いギフトご法要ギフトご家庭用商品茶器商品一覧送料・お買い物方法
お問い合せ・カタログ請求はこちらから
コラム ちょっと一服話 【試飲セット】
まずはお試しください。深むし茶や高地煎茶を、お手頃価格でお試しいただけるセットです。小野園自慢の品が何種類も楽しめます。ご注文はこちらから お祝いギフト 慶事にふさわしい、華やかで縁起の良いギフトセット ご法要ギフト ご法要にふさわしい、おごそかで静謐なギフトセット 【ファックス注文用PDF】プリントアウトしてご利用ください。FAX:0550-82-5188
HOME >> コラム ちょっと一服話 >> 「新茶で長生き」って本当?
コラム ちょっと一服話 お茶にまつわるあんな話・こんな話を集めました

「新茶で長生き」って本当?

お古くより新茶は「無病息災長寿めでたし」と言われ、珍重されてまいりました。 なぜ新茶を飲むと「無病息災」だったのでしょうか。

理由1:おいしいから

新茶は、その年に生えた新芽で作るもの。
生まれたての新芽は、まだ太陽にあまり当たっていません。
日光に当たっていないということは、つまり、紫外線にさほどさらされていないということです。

お茶の樹や葉には、甘み成分である「テアニン」が豊富に含まれています。
心を落ち着かせ、リラクセーション効果がある成分といわれています。
この「テアニン」が紫外線に当たると、ポリフェノールの一種で渋み成分の「カテキン」になります。

夏以降、芽が成長してから摘む二番茶や三番茶は、紫外線をたっぷり浴びて、カテキンが豊富なお茶になりますが、新茶はまだまだカテキンよりもテアニンのほうが多いのです。
つまり、甘み(テアニン)が多く、苦み(カテキン)が少ない味なのです。
おいしい新茶を一服し、日々のストレスから解放されると、はつらつとした毎日が送れそうですね。

小野園の新茶は、自社農園や契約農園で、徹底管理のもと栽培した高品質の新芽で作られています。
深むし製法にすることで、さらにおいしさを引き出しました。
うまみ成分たっぷりの小野園の新茶で、ほっこり癒されてください!

理由2:縁起が良いから

新茶は立春から数えて八十八夜に摘むものですが、八十八夜は、末広がりの「八」がふたつ重なっているため、縁起が良いとされてきました。
縁起が良い日に摘んだお茶は、特別なものとして扱われてきたのです。

理由3:「初物」だから

古来、私たちは「初物」をありがたく頂いてまいりました。
特に江戸時代の人々は、「初物を食べると七十五日長生きする」と言って、競って初物を食べていました。

初物には、「これからこの食べものの旬が始まります」という意味があります。
旬の食べものには、エネルギーと栄養があふれているもの。
江戸時代の人々はそのことを知っていたのでしょう。
一年中、どんな食べものでも手に入る現代こそ、「初物」「旬のもの」を大事にしたいですね。

コラム「ちょっと一服話」の先頭へもどる
このページの上部へ
Copyright(c) Onoen All Rights Reserved.