極上の深蒸し茶 伝統と文化が薫る味わい

お電話でのご注文はこちらから TEL:0120-455588(よいいいはっぱ) IP電話・携帯電話からはこちらへ TEL:0550-82-0468(代) FAX用の注文用紙はこちら
  • 小野園の歴史
  • 深むし茶へのこだわり
  • お茶の種類
  • お茶のおいしい入れ方
  • オンラインショップ
  • よくあるご質問
  • お客様の声
  • お問い合せ・カタログ請求
  • カートを見る
  • ログイン
商品案内ギフト商品お祝いギフトご法要ギフトご家庭用商品茶器商品一覧送料・お買い物方法
お問い合せ・カタログ請求はこちらから
コラム ちょっと一服話 【試飲セット】
まずはお試しください。深むし茶や高地煎茶を、お手頃価格でお試しいただけるセットです。小野園自慢の品が何種類も楽しめます。ご注文はこちらから お祝いギフト 慶事にふさわしい、華やかで縁起の良いギフトセット ご法要ギフト ご法要にふさわしい、おごそかで静謐なギフトセット 【ファックス注文用PDF】プリントアウトしてご利用ください。FAX:0550-82-5188
HOME >> コラム ちょっと一服話 >> 緑茶・紅茶・ウーロン茶の分かれ目
コラム ちょっと一服話 お茶にまつわるあんな話・こんな話を集めました

緑茶・紅茶・ウーロン茶の分かれ目

緑茶・紅茶・ウーロン茶は、すべて同じツバキ科の「チャノキ」の葉を摘んで作ります。
「緑茶の木」「紅茶の木」「ウーロン茶の木」があるわけではありません。
同じ葉を使っているのに、味・色・香りが違うお茶ができるのです。
製法でここまで違うものができるなんて、なんだか不思議な感じもしますね。
では、分かれ目は製造過程のどの段階で訪れるのでしょうか。

それは、葉を摘んですぐです。
味・色・香りは、摘んだ葉を発酵させるか否かで決まるのです。
茶の発酵は、お茶自身が持つ酵素の働きで起こります。
みそ、チーズ、ワイン、納豆などと違い、微生物を加えて発酵をうながすわけではありません。
したがって、摘むとすぐ、葉に含まれる酵素が発酵の態勢に入ります。
ここでの処置が分かれ目なのです。

緑茶

発酵させません。葉を摘んですぐ蒸します(または炒ります)。 「不発酵茶」という分類になります。

紅茶

葉を完全に発酵させてからつくります。
「発酵茶」と呼ばれます。

ウーロン茶

短時間だけ発酵させたら加熱して、途中で発酵を止めます。
「半発酵茶」です。

発酵の過程で、味・色・香り等々を決定する成分が生成されてゆくのです。
緑茶は発酵させませんので、チャノキが持つ本来の味・色・香りを保ち、また、ビタミンCやカテキンといった成分も失われません。

小野園の深むし茶ももちろん、すぐに蒸しますので発酵させていません。
さらに、蒸し時間を長くとっています。
蒸し時間を長くとることで茶葉を柔らかくし、まろやかな甘み・独特の風味・茶葉のエキスがたっぷり出るのです。

コラム「ちょっと一服話」の先頭へもどる
このページの上部へ
Copyright(c) Onoen All Rights Reserved.