極上の深蒸し茶 伝統と文化が薫る味わい

お電話でのご注文はこちらから TEL:0120-455588(よいいいはっぱ) IP電話・携帯電話からはこちらへ TEL:0550-82-0468(代) FAX用の注文用紙はこちら
  • 小野園の歴史
  • 深むし茶へのこだわり
  • お茶の種類
  • お茶のおいしい入れ方
  • オンラインショップ
  • よくあるご質問
  • お客様の声
  • お問い合せ・カタログ請求
  • カートを見る
  • ログイン
商品案内ギフト商品お祝いギフトご法要ギフトご家庭用商品茶器商品一覧送料・お買い物方法
お問い合せ・カタログ請求はこちらから
コラム ちょっと一服話 【試飲セット】
まずはお試しください。深むし茶や高地煎茶を、お手頃価格でお試しいただけるセットです。小野園自慢の品が何種類も楽しめます。ご注文はこちらから お祝いギフト 慶事にふさわしい、華やかで縁起の良いギフトセット ご法要ギフト ご法要にふさわしい、おごそかで静謐なギフトセット 【ファックス注文用PDF】プリントアウトしてご利用ください。FAX:0550-82-5188
HOME >> コラム ちょっと一服話 >> 秋のお茶はカラダにおいしい
コラム ちょっと一服話 お茶にまつわるあんな話・こんな話を集めました

秋のお茶はカラダにおいしい

10月は一年最後のお茶摘みの季節です。春に摘んだお茶は新茶(一番茶)、初夏は二番茶、盛夏は三番茶、10月は四番茶または秋番茶と呼ばれます。
秋のお茶は、夏の陽射しをたっぷりと浴びていますので、カテキンとカフェインが一番多いのが特徴です。

新茶などに比べると、葉は確かに固めなのですが、その分、味がさっぱりしていて、渋みがしっかりと出ますので、お寿司、焼肉、天ぷらなど、脂っこい料理によく合い、食後やお口直しにぴったりです。

秋番茶は、熱いお湯で淹れるのがおすすめ。
カテキンが熱いお湯にたくさん溶け出し、カラダにおいしいお茶になります。
茶葉はたっぷり使ってください。

また、葉が固めなので、冷水で抽出すると、さっぱりした味わいになります。
新茶などに比べると、味が濃すぎずいくらでもゴクゴク飲める、あとくち爽やかな冷茶ができます。
また、秋番茶には、ポリサッカライドという成分もたくさん含まれています。
ポリサッカライドは熱に弱いため、たくさん摂取したいかたには、秋番茶を冷茶にして召し上がることをおすすめします。
水1リットルに対し、大さじ3杯の秋番茶をティーバッグに入れて、冷蔵庫で一昼夜冷やすだけです。

食欲の秋、実りと収穫の秋です。
ご家族みなさんで、おいしい食べ物をたくさん召し上がってください。
食卓のお供には、ヘルシーで爽やかな秋のお茶をどうぞ!
小野園の深むし茶ギフトもすっかり秋の装いです。
自信を持っておすすめしております秋のお茶を、ぜひご賞味くださいませ。

コラム「ちょっと一服話」の先頭へもどる
このページの上部へ
Copyright(c) Onoen All Rights Reserved.