極上の深蒸し茶 伝統と文化が薫る味わい

お電話でのご注文はこちらから TEL:0120-455588(よいいいはっぱ) IP電話・携帯電話からはこちらへ TEL:0550-82-0468(代) FAX用の注文用紙はこちら
  • 小野園の歴史
  • 深むし茶へのこだわり
  • お茶の種類
  • お茶のおいしい入れ方
  • オンラインショップ
  • よくあるご質問
  • お客様の声
  • お問い合せ・カタログ請求
  • カートを見る
  • ログイン
商品案内ギフト商品お祝いギフトご法要ギフトご家庭用商品茶器商品一覧送料・お買い物方法
お問い合せ・カタログ請求はこちらから
コラム ちょっと一服話 【試飲セット】
まずはお試しください。深むし茶や高地煎茶を、お手頃価格でお試しいただけるセットです。小野園自慢の品が何種類も楽しめます。ご注文はこちらから お祝いギフト 慶事にふさわしい、華やかで縁起の良いギフトセット ご法要ギフト ご法要にふさわしい、おごそかで静謐なギフトセット 【ファックス注文用PDF】プリントアウトしてご利用ください。FAX:0550-82-5188
HOME >> コラム ちょっと一服話 >> 冬至にゆず・・・ゆず煎茶はいかが?
コラム ちょっと一服話 お茶にまつわるあんな話・こんな話を集めました

冬至にゆず・・・ゆず煎茶はいかが?

冬至は一年で一番、夜の長い日。
この日を境に少しずつ日の入りが遅くなり、日が長くなっていきます。
つまり、太陽が徐々にパワーを盛り返し、春へと向かうということですね。
しかし、寒さはいっそう厳しくなっていきます。
そこで、冬至にはカボチャを食べてゆず湯に入り、健康を願うのが習わしです。
お茶タイムにも季節感を・・・ゆず煎茶なんて、いかがですか。

・用意するもの
 ゆず皮 いつもご愛飲のお茶

ゆず皮の準備

ゆず皮は、2、3日干して乾燥させます。
内側の白い「ワタ」が多いと苦味が増しますので、苦手なかたは干す前にワタを取り除いてください。
乾いたら細かく刻みます。
料理用に、フリーズドライのゆず皮なども市販されています。

淹れ方

いつもご愛飲のお茶を淹れるとき、ゆず皮をひとつまみ加えるだけ!
お湯の温度や蒸らし時間も、いつもどおりです。
熱湯だとせっかくの香りが飛んでしまうので、沸騰させてからしばらく冷ました80度弱のお湯がおすすめです(これは、お茶淹れの基本ですね!)。

ゆずのほか、レモンやミカン、だいだいなどの皮も、お茶によく合います。
いろいろな旬のかんきつ類をブレンドして、いつものお茶をフレーバーティーに・・・。
さわやかな香りと、かんきつ類のパワーを楽しんでください。

コラム「ちょっと一服話」の先頭へもどる
このページの上部へ
Copyright(c) Onoen All Rights Reserved.