極上の深蒸し茶 伝統と文化が薫る味わい

お電話でのご注文はこちらから TEL:0120-455588(よいいいはっぱ) IP電話・携帯電話からはこちらへ TEL:0550-82-0468(代) FAX用の注文用紙はこちら
  • 小野園の歴史
  • 深むし茶へのこだわり
  • お茶の種類
  • お茶のおいしい入れ方
  • オンラインショップ
  • よくあるご質問
  • お客様の声
  • お問い合せ・カタログ請求
  • カートを見る
  • ログイン
商品案内ギフト商品お祝いギフトご法要ギフトご家庭用商品茶器商品一覧送料・お買い物方法
お問い合せ・カタログ請求はこちらから
コラム ちょっと一服話 【試飲セット】
まずはお試しください。深むし茶や高地煎茶を、お手頃価格でお試しいただけるセットです。小野園自慢の品が何種類も楽しめます。ご注文はこちらから お祝いギフト 慶事にふさわしい、華やかで縁起の良いギフトセット ご法要ギフト ご法要にふさわしい、おごそかで静謐なギフトセット 【ファックス注文用PDF】プリントアウトしてご利用ください。FAX:0550-82-5188
HOME >> コラム ちょっと一服話 >> 松尾芭蕉と静岡茶
コラム ちょっと一服話 お茶にまつわるあんな話・こんな話を集めました

松尾芭蕉と静岡茶

江戸時代の俳人、松尾芭蕉(1644〜1694年)は、1684年8月から1685年4月にかけて、東海道〜中山道〜甲州街道を旅し、紀行文『野ざらし紀行』を残しています。
江戸を出発して、東海道を経由して故郷の伊賀上野に帰り、大垣・名古屋・京都などをめぐって、中山道と甲州街道を経由して江戸に戻ってくるという、長い長い旅でした。

往路の東海道では、小田原や駿河、遠江をとおっており、お茶の句を残しています。

馬に寝て 残夢月遠し 茶のけぶり
 (うまにねて ざんむつきとおし ちゃのけぶり)

これは、掛川に入る手前、金谷の里(現在は島田市)で詠んだものです。
夜も明けやらぬ早朝に宿をたった芭蕉は、まだ目がさめきらず、馬の上でウトウトとうたた寝をしたようです。
と、馬が大きく揺れたのか、ハッと目が覚めました。
まぶたには、たったいま馬の背で見ていた夢が残っていて、遠くには有明の月が見えています。
旅路ならではの早朝の情景です。
するとそこへ、人々が起き出した民家から、朝のお茶を炊く煙が立ち上っているのが芭蕉の目に映りました。

朝、民家から煙が立ち上っていたら、「朝ご飯のしたく」を連想してもよさそうなものですが、「お茶を炊いている」と芭蕉が感じるほど、当時から静岡はお茶大国だったのですね。
おそらく芭蕉は、東海道中でたくさんのお茶畑を見たのではないでしょうか。
このとき民家で炊かれていたお茶は、ほうじ茶や番茶のようなものだったと思われます。

その後、江戸時代中期以降になって、茶葉を蒸すという製法が開発されて人気を集めました。
さらに時代が下り、昨今では、蒸し時間を長く取る「深むし茶」が広く好まれるようになっています。
小野園も、芭蕉が句に読むほどだった東海道のお茶の歴史や伝統を、しっかり受け継ぎながら、深むし茶づくりにまい進しています。

最後にもうひとつ、芭蕉が読んだ静岡茶の句を。

駿河路や はなたちばなも 茶のにをひ
 (駿河では、香りの強いタチバナの花ですら、お茶の香りがするようだ。)

コラム「ちょっと一服話」の先頭へもどる
このページの上部へ
Copyright(c) Onoen All Rights Reserved.