極上の深蒸し茶 伝統と文化が薫る味わい

お電話でのご注文はこちらから TEL:0120-455588(よいいいはっぱ) IP電話・携帯電話からはこちらへ TEL:0550-82-0468(代) FAX用の注文用紙はこちら
  • 小野園の歴史
  • 深むし茶へのこだわり
  • お茶の種類
  • お茶のおいしい入れ方
  • オンラインショップ
  • よくあるご質問
  • お客様の声
  • お問い合せ・カタログ請求
  • カートを見る
  • ログイン
商品案内ギフト商品お祝いギフトご法要ギフトご家庭用商品茶器商品一覧送料・お買い物方法
お問い合せ・カタログ請求はこちらから
コラム ちょっと一服話 【試飲セット】
まずはお試しください。深むし茶や高地煎茶を、お手頃価格でお試しいただけるセットです。小野園自慢の品が何種類も楽しめます。ご注文はこちらから お祝いギフト 慶事にふさわしい、華やかで縁起の良いギフトセット ご法要ギフト ご法要にふさわしい、おごそかで静謐なギフトセット 【ファックス注文用PDF】プリントアウトしてご利用ください。FAX:0550-82-5188
HOME >> コラム ちょっと一服話 >> 出世大名・家康のお茶屋敷
コラム ちょっと一服話 お茶にまつわるあんな話・こんな話を集めました

出世大名・家康のお茶屋敷

言わずと知れた江戸幕府の開祖・徳川家康。
「タヌキおやじ」と称されることが多い家康ですが、近年では静岡県浜松市のご当地キャラ「出世大名家康くん」の、かわいらしい姿を思い浮かべる人も多いのではないでしょうか。

幼少期を駿河で過ごした家康は、「大御所」となって隠居してから再び駿河に戻り、晩年を送りました。
駿河に戻ってから、静岡市北部にある井川大日峠に、お茶を保管するための蔵「お茶壺屋敷」を建てさせています。
そこで大切に保管されたのはもちろん、駿河のお茶です。また、そのお茶を入れておいた壺も天下の名器ぞろいだったそうで、蔵の管理を任命された地元の大名・海野氏は重大な責任を負っていました。

初夏に摘まれた駿河のお茶は、夏の間、天然の冷蔵庫ともいうべき標高1,000メートルを超える大日峠の蔵で大切に保管され、秋になると駿府の代官所に運ばれました。
これはたいへん重要な行事で「お茶壺道中」と呼ばれました。
現在、地元の人々によってこの様子が「駿府本山お茶壺道中行列・口切りの儀 」として毎年10月下旬ごろに再現され、たくさんの観光客や歴史ファンでにぎわいます。

夏の間しっかり熟成させたお茶は、さぞまろやかな味わいだったことでしょう。
日を追うごとに寒さが増す季節には、小野園の深むし茶で温まりながら、歴史に思いをはせてみるのも楽しそうですね。

コラム「ちょっと一服話」の先頭へもどる
このページの上部へ
Copyright(c) Onoen All Rights Reserved.